【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Jun/2006

■総聯+民潭=?

両トップは、にこやかにしてらっしゃいますが、
地方組織は、トップの決定に従わず・・・が出てきましたね。

まぁ、日本国内の空気が読めれば、この時期に和解はねぇ・・・
どちらかが、何かの下心を持って・・・と憶測しても、
無理はないと思ふのですよ。

総聯は、「拉致事件に関係していない」との主張を繰り返してますが、
自らがが、北朝鮮の出先機関であると、あちこちで、繰り返してますしね。
ならば、本国からの指令があって可笑しくないし、
また、仮に、拉致事件に関わっていないとするならば、
本国へ、早期に拉致事件解決をと、アピールすべきでしょう。
なにしろ、本国TOPが、しっかり、認めてらっしゃるんですから。

「特定アジア(中・朝・韓)」で多く見られる現象として、
「すべて、自分に都合の良い解釈をする」ようですから、
きっと、総聯と民潭が和解することは、日本にも受け入れられて・・・
なんて、生ぬるいことも、ちらっとお考えに
なっていらっしゃるのかもしれませんわね。

とにかく、和解だろうが何だろうが、
拉致被害者を早期に日本に返すように、
目に見える運動でもしてくださいな。


*** 参考 ***
えんすき日記 避難場所
 総連化に警戒せよ
ぼやきくっくり
 民団総連和解で関西各局は
mumurブルログ
 総連民潭和解事件 翌日の新聞各紙論調比較

リンク切れ対策の記事内容掲載につきまして、
文字制限に引っかかりましたので、ここにアップできません。
下記ミラーBlogで読めますので、お手数ですが、宜しくお願いします。

【音静庵】 鏡の間: ■総聯+民潭=?
【音静庵】 扉の間:■総聯+民潭=?



・・・続きに、記事タイトルがあります・・・



05/21(Sun)01:48 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■遺棄化学兵器に新史実!?

(画像をクリックすると、別窓に拡大画像が出ます)

佐藤優氏のコメントを、フィオリーナの以心伝心さん経由で知りました。
正論6月号の記事についての論評のようです。

で、19日の朝日新聞には、第3社会面に気になる記事が・・・
(Webでは見つからなかったので画像でうpしてみました)
「毒ガス」についての演習の記録のようです。

やっぱり、日本人気質と言いますか何といいますか、
事細かに、記録してあるようで、
こういう物が残っているとするならば、
化学兵器についても、しっかり、引き渡し前後の様子が、
書面で残されていても、可笑しくないと思ふわけで、
正論の記事は、正鵠を得ているのではないのかと。
だからこそ、政府も中国も黙りを決め込んでいるんじゃなかと、
疑えば幾らでも疑える・・・

連合軍の指示で、兵器を引き渡した経緯が明確になれば、
1兆円では収まらないだろう処理費についても、
計画の見直しが出来るんではないのかと。

言われるままに、ドブに捨てるが如く、
いや、反対に中国のインフラ整備の為の如く、
大義名分の立たない費用を負担することはオカシイと、
日本の納税者に、知らしめなくてイケナイ。

中国は、ブラックホールの如く、幾ら謝っても、
幾らつぎ込んでも、際限なく、そして、臆面もなく、
日本から金を巻き上げるつもりでしょう。
言い過ぎかもしれないけれど、強請たかりのプロですよ。
そんな相手には、毅然とした態度で出るしか、
この泥沼から抜け出すことは出来ないと思ふのです。


*** 勝手にTB ***
フィオリーナの以心伝心
 中国の「遺棄科学兵器」-祖父たちの几帳面さを無にしてはいけない
臥竜窟より愛を込めて
 魚の目のようなもの・・・

FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る
 遺棄化学兵器に新史実!?(2006/5/18)

関連エントリー:
[06/05/14] ■進まぬ遺棄化学兵器処理
[06/05/01] ■遺棄化学兵器処理と原田衆院外務委員長
[06/02/28] ■兵器引き渡し文書発見なら
[06/01/03] ■毅然として、拒絶すべし
[05/12/04] ■また、化学兵器問題です
[05/11/08] ■欲しいなら欲しいと言えば?<宗主国様
[05/11/02] ■宗主国様の厚顔無恥
[05/10/22] ■遺棄化学兵器処理に1兆円?

・・・続きに、記事本文があります・・・



05/20(Sat)02:43 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■表現しようのない憤り

日本では、報道されていない記事ですが、
某2chにソース(翻訳)付きでスレッドが立って、
あちらこちらのBlogで嘆きと怒りが噴出しております。

日本と韓国との間での歴史認識の違いには、再三再四、
呆れるやら、腹が立つやらしてきましたが、
子供を人さらいに掠われた親に向かって、
平然と、こういう文書を渡す人間が、韓国の国会議員とは。

そりゃ、日本にもどこの国の国会議員か分からん人もおります。
あんたがたが吼えたって、横田めぐみは帰ってこないんだよ!
と曰った議員もいます。
しかし、ここまで、拉致問題が国際化し始めている時期に、
都合の良い解釈である歴史認識を下敷きに、
こういうことをするとは・・・

識字率アップの為だかで、漢字教育を捨て、
ハングル普及に勤しんだ結果、
漢字で書かれている様々な資料・史料を読めなくなってしまったのが、
今の韓国だそうです。
自分達に都合の良いことばかり書かれている教科書で育った年代が、
国会議員の多くを占めていることの弊害が露わになってきたのが、
実感できます。

そして、情けないことに、こういう経緯を、
日本のマスコミは報道しません。
「便所の落書き」と揶揄される匿名掲示板=2ch=でしか、
情報が得られないことは、由々しきことではないでしょうか?

それでなくとも、疲れ切っている拉致被害者家族の皆さんに、
この書簡がどれだけのダメージを与えたかと、
心が痛んでなりません。

・・・続きに、参考・記事類があります・・・



05/19(Fri)03:44 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■いっそ全員の指紋採取を

入管法改正でも、こういう↓抜け駆けがあるわけで・・・
在日韓国・朝鮮人ら特別永住者や、政府が招へいした外国政府関係者らは、指紋採取の対象から除外する。


日本には、公的に複数の名前を使える方々がいたりするのが現実で、
なぜか、日本国籍を持つ人達より、融通が効いちゃって・・・

だからね、元検弁護士さんの危惧なさっている
「情報管理」さえクリアできれば・・・って、これだ一番問題なんだけど・・・
日本列島に「合法的に」あらゆる形態で滞在している人間は、
全て、指紋採取してもらったら、どうかしらね。
「日本人だから」とか「日本人じゃないから」とかの
差別・区別問題もクリア出来るし、
犯罪捜査も、格段に精密化されるだろうしね。

これだけ、ハイテクの進んでいる日本なんだから、
セキュリティもしっかり、対応してさ。

「特定アジア(中・朝・韓)」でも、やっている国もあるんだし、
とにかく、必要最低限度の例外規定(皇室・国賓)にして、
国賓の同行者はもちろん、外交官だって、例外にせず・・・

『安全と水は、タダ』
っていう、日本人への刷り込みは、もう通用しない時代なんだから、
有る程度の強制力は必要だと思ふ、今日この頃。

まぁ、一番の問題は、情報管理なのが、悲しいけどね。


*** 勝手にTB ***
新聞記事・ニュース批評@ブログ
 改正入管法は始まりに過ぎない
元検弁護士のつぶやき
 改正入管法が成立

*** 参考 ***
あんた何様?日記 2006年05月17日(水)
  プライバシーより治安の回復・維持が優先。



・・・続きに、記事本文があります・・・



05/18(Thu)02:15 | Trackback(4) | Comment(2) | ◆ 社会 | Admin

■中国絡み

イラク派遣の為の自衛隊チャーター機に
横車を押す中国も中国だけどね、
なぜに、日本の飛行機会社がその責務を背負わないかね。
イラン・イラク戦争の時から、ちっとも、進歩しとらんがな。
日の丸を背負って、国連の決定に従って派遣される隊員達を、
日の丸を付けた日本の飛行機で送ってあげたいよ (TωT)ブヒー

同友会っていうのは、
企業人が個人的に加盟しているラシイけどさ、
完全にフリーの立場の人なんぞ、居ないわけで、
結局は、自分の所属している企業の代弁者。
そんな立場の長老的な人達が、揃いも揃って、
まず、商いありきって、どーよ。
日本が「特定アジア(中・朝・韓)」の僕になっても、
自分の会社だけが儲かれば良いって、
そういう感覚を持っているから、
使い捨ての派遣社員を大量に使ったり、過労死するほどに、
社員をこき使う企業が続出しているんだべな。

自分達が所属している国を大事にしなかったら、
企業の繁栄は続かないだろうに。
日本が、弱体化して喜ぶのは、「特定アジア(中・朝・韓)」だけ。
どうして、それが分からんのかね。
濡れ手に粟の商売は出来ないかもしれんけど、
「ソコソコに儲けがあれば御の字」って
方針を視野に入れて欲しいよ。

害務省も、上に立つエリートさんたちは、
我が身可愛さが先に立ち、何事も穏便に・・・
ばっかりで、情けない。
我が身を犠牲にしても、
国を守った領事館員に顔向けが出来るのかね。

「恥」を「恥」と思わぬ、感じぬ人間を作り出したのは、
取り返しの付かない日本の恥部だと思ふよ。

でもさぁ、考えるとね、
今の70代前後の人達の生まれ育った頃って、
昭和の初めの頃で・・・
世界的に平和だった大正時代が終わり、
何故か、刹那的な時代に突入して行く時代。
多くの両親は、身分制度が緩くなってきた明治後半生まれ・・・
そんな時代背景を考えると、今の長老的な人達が、
恥ずかしくもなく、儲け第一主義になっている原因が
分かるのかもしれない。
「あの高度成長を経験して、夢よもう一度・・・」
って思っているのかもしれないけれど、
右肩上がりが続く方がオカシイって、思えないんだろうね。

考えれば考えるほど、「特定アジア(中・朝・韓)」の、
望むことばかりの言動をする連中に絶望しちゃいそうだわ・・・




・・・続きに、記事タイトル&本文があります・・・



05/17(Wed)01:37 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■出産一時金ではなくて

金のばらまきを止めて、
出産関連・・・いわゆる“産科”受診に健保適用すれば良いじゃん。
そうすれば、検診費用も分娩費用も3割負担で済むだろうし、
差額で育児用品も揃えられると思ふんですけど。

分娩費用も掛かるけどさ、妊娠確認から続く、
定期検診費用って、高いらしいのよねぇ。
あたしゃ、子供産んだことがないけど、
婦人科検診なんぞにいくと、産科検診のおかーさん達は、
諭吉さんを財布から取り出して払っているのをお見受けすっるわけで、
野口さん、一人位だったら、気軽に行けるだろうけれどもね、
毎回、諭吉さんが出て行ったり、野口さんが数人戻ってくるだけ・・・
って言うのは、厳しいと思ふよ、ほんと。

そりゃぁ、孫一人にジジババ4人掛かりなんて、
おうちもあるだろうけれど、それは、ほんの一握り。
多くの夫婦は、二人ぽっちで、必死に病院費用を負担し、
子供を産むわけで・・・

ホテルみたいな病院での出産希望よりも、
公立病院で、普通に産みたいと、
必死に、入院予約を入れている夫婦も多いと思ふ。(※1)

政府も一時金をばらまくだけじゃなくて、
もっと、継続的な支援が出来ないのかねぇ。
健保が駄目なら、直接的に、診察補助金を出すとかさ。
産科だけじゃなくて、小児科も同じこと。

なんか、実行可能なアイディアを、妊娠経験者サン達から、
募集するとか、してみたらいいのにね。
だって、こういうの考えるのって、いわゆる公務員サン達でしょう?
零細な民間企業勤務の夫婦のお財布感覚とは、
やっぱり、違うと思ふもの。
それなりに、恵まれている人達が考えることと、
爪に火をともすように出産に備えている人達の考えとは、
根本的な部分が違う筈だもの。

※1
 我が家の地域にある準公立病院は、
 妊娠早期に出産予約をしないと、
 そこでは、産めないそうな。
 他の病院で妊娠確認した人は、トラブルが無い限り、
 民間病院に行って産むんだそうな。
 他の地域から転居してきた妊婦さんは、民間病院に行くんだけれど、
 地域病院は、30万かからずに産めるのに、民間病院は40万以上とか。
 民間病院の経営圧迫防止の措置なんだろうけどねぇ・・・
 なんか、釈然としないよね。
 分娩の出来る民間病院も、毎年、減ってきているのよねぇ。




・・・続きに、記事本文があります・・・



05/15(Mon)23:53 | Trackback(0) | Comment(2) | ◆ 社会 | Admin

◇コメントについて

ここ毎日、ご丁寧なSPAMコメントが、
日に100を超える勢いで書き込まれています。
段々、数が増えているのが、腹立たしいですが・・・

このSPAMコメントは、音静庵だけではなく、ぶっとびBlog全体に来ているようです。
該当コメントの削除も、管理画面から複数同時削除が出来ないため、一つ一つを削除しなければなりません。
その為、コメント削除の機能がパンク寸前・・・いや、パンク状態の模様。
しかし、SPAMコメントへの対応は、一切無しと言うところが、
ぶっとびBlogらしいといえば(以下自粛。


100を超えるコメントを一つ一つ削除するのに疲れました。
なにせ、削除機能もすんなり満足に動きませんので、
PCの前に数時間も張り付かなければならないのです。
私、それほど、暇じゃないし・・・
それだけの時間があるなら、エントリーを書いた方がマシですもん。
で、削除作業を止めます。
もう、書き込むなら、好きなだけ、書き込め (#゚Д゚)ゴルァ!! 


読者の皆さんに書き込んでいただいたコメントは、
トップ画面メニューのコメント欄に出ていなくとも、
全て、チェックしております。

そんなこんなですが、
SPAMコメントなんかに負けないぞ! (`・ω・´)シャキーン



05/15(Mon)03:16 | Trackback(0) | Comment(2) | ◇ お知らせ | Admin

■進まぬ遺棄化学兵器処理

・・・ため込んでたニュースから・・・

またもや、なんやらきな臭くなってきたようです。
日本側では、引き渡し資料が出てきたようなんですが、
政府は、だんまり・・・
アメリカの3兆円話には、噛みつく野党や「市民団体」もだんまり。
もちろん、朝日新聞を始めとするマスコミも、だんまり。
そんなこんなで、遺棄化学兵器問題を知らない国民がわんさか。

日本の歴史を考えれば、関連の「帳簿」が無いことは、まず、無い。
エンピツ・消しゴムの一つまで、「天皇陛下の下され物」という、
感覚で居たはずの軍隊ですよ、失い物なんて有った日には、
それこそ、大騒ぎでしょう。
どこぞの国のように、ピンハネ・横流しが横行している民族とは、
躾けられ方が違うと思ふのね。

ここは、いっそ、作業の中止をして、
どぉ~んと、腰を据えて、対応してみたらどーなのかしら?
終戦の手続きもしっかり、再認識してみれば、
どういう状態で、武器・兵器が日本軍の手を離れたかが分かり、
今の状態で良いのかどうかが話し合える。

そして、兵器処理に関しては、万事遺漏の無きよう、
自衛隊の特殊部隊の皆さんにお願いするのが、
一番安全で、早い作業が出来るんじゃないのかな?
害務省の担当者も、底意地の悪い対応をしてみるのも、
外交手段ではないのかと思ふ、素人考え。


*** 勝手にTB ***
ぼやきくっくり
 遺棄化学兵器問題~兵器引継書を盾に値切るべし
臥竜窟より愛を込めて
 言わんこっちゃない・・・

*** 参考 ***
ぼやきくっくり
 遺棄化学兵器問題~兵器引継書を盾に値切るべしより拝借
・・・某2chに貼られていた資料・・・
----------
2 名前:<ヽ´`ω´>φ ★ メェル:sage 投稿日:2006/05/07(日) 15:22:49 ID:???
正論6月号
http://www.sankei.co.jp/seiron/
< スクープ >
“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた
 ――残っていた兵器引継書  ジャーナリスト 水間 政憲
http://vista.x0.to/img/vi4662896961.png
http://vista.x0.to/img/vi4662882015.png
http://vista.x0.to/img/vi4662885120.png
http://vista.x0.to/img/vi4662888118.png
----------


関連エントリー:
[06/05/01] ■遺棄化学兵器処理と原田衆院外務委員長
[06/02/28] ■兵器引き渡し文書発見なら
[06/01/03] ■毅然として、拒絶すべし
[05/12/04] ■また、化学兵器問題です
[05/11/08] ■欲しいなら欲しいと言えば?<宗主国様
[05/11/02] ■宗主国様の厚顔無恥
[05/10/22] ■遺棄化学兵器処理に1兆円?

・・・続きに、記事本文があります・・・



05/14(Sun)23:12 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■反省したそうですが

なにか、心境の変化があったのでしょうか?
それとも、あまりの反響の大きさにビックリなさった?
秋篠宮妃殿下のご懐妊と言ふ「神風」に、
天の声を聞いたのでしょうか?

一般人が読めない雑誌に、非難を書き、時間を置いて、
反省を書くと言うことで、その雑誌の内容がよくわからないので、
私の頭の中には、“?”が渦巻いております。
どなたか、詳細がおわかりになる方がいらっしゃいましたら、
私にもわかるように、かみ砕いて、解説しては頂けないでしょうか?





追記:06/5/14
【音静庵】扉の間の方に、コメントを頂きました。
原文解説のあるBlogを紹介していただきましたので、
こちらにも、転載しておきます。
+++++ +++++
またまた産経は「捏造」の上塗りですね。女性・女系天皇に対してさまざまな意見があることはよいことだと思いますが、いやしくも「メディア」を名乗る以上、嘘はつかないほうがいいと思います。

このブログの分析が一番当たってると思います。
http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou/e/254c0055aa24f2ff7ba31c9c210df20e

Posted by t at 2006年05月13日 23:18



・・・続きに、記事本文があります・・・



05/13(Sat)20:34 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

◇お詫び

最近、ぶっとびBlog全体に、外国からのSPAMコメントが寄せられています。

このBlogにも、数十のSPAMコメントが書き込まれてしまいました。

そのSPAMコメント整理に伴う削除作業中に、間違って、いくつかのコメントを削除してしまったようです。

せっかく、コメントを下さった方には、心よりお詫びを申し上げます。


これに懲りずに、またのお越しとコメントの書込をしていただければと願っております。
今後とも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


[06/5/12 PM10:45]



05/12(Fri)23:26 | Trackback(0) | Comment(0) | ◇ お知らせ | Admin


(2/4page)
Top 1 >2< 3 4 End