【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Jun/17/2006

■中国絡み

イラク派遣の為の自衛隊チャーター機に
横車を押す中国も中国だけどね、
なぜに、日本の飛行機会社がその責務を背負わないかね。
イラン・イラク戦争の時から、ちっとも、進歩しとらんがな。
日の丸を背負って、国連の決定に従って派遣される隊員達を、
日の丸を付けた日本の飛行機で送ってあげたいよ (TωT)ブヒー

同友会っていうのは、
企業人が個人的に加盟しているラシイけどさ、
完全にフリーの立場の人なんぞ、居ないわけで、
結局は、自分の所属している企業の代弁者。
そんな立場の長老的な人達が、揃いも揃って、
まず、商いありきって、どーよ。
日本が「特定アジア(中・朝・韓)」の僕になっても、
自分の会社だけが儲かれば良いって、
そういう感覚を持っているから、
使い捨ての派遣社員を大量に使ったり、過労死するほどに、
社員をこき使う企業が続出しているんだべな。

自分達が所属している国を大事にしなかったら、
企業の繁栄は続かないだろうに。
日本が、弱体化して喜ぶのは、「特定アジア(中・朝・韓)」だけ。
どうして、それが分からんのかね。
濡れ手に粟の商売は出来ないかもしれんけど、
「ソコソコに儲けがあれば御の字」って
方針を視野に入れて欲しいよ。

害務省も、上に立つエリートさんたちは、
我が身可愛さが先に立ち、何事も穏便に・・・
ばっかりで、情けない。
我が身を犠牲にしても、
国を守った領事館員に顔向けが出来るのかね。

「恥」を「恥」と思わぬ、感じぬ人間を作り出したのは、
取り返しの付かない日本の恥部だと思ふよ。

でもさぁ、考えるとね、
今の70代前後の人達の生まれ育った頃って、
昭和の初めの頃で・・・
世界的に平和だった大正時代が終わり、
何故か、刹那的な時代に突入して行く時代。
多くの両親は、身分制度が緩くなってきた明治後半生まれ・・・
そんな時代背景を考えると、今の長老的な人達が、
恥ずかしくもなく、儲け第一主義になっている原因が
分かるのかもしれない。
「あの高度成長を経験して、夢よもう一度・・・」
って思っているのかもしれないけれど、
右肩上がりが続く方がオカシイって、思えないんだろうね。

考えれば考えるほど、「特定アジア(中・朝・韓)」の、
望むことばかりの言動をする連中に絶望しちゃいそうだわ・・・




・・・続きに、記事タイトル&本文があります・・・



05/17(Wed)01:37 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin


(1/1page)