【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■遺棄化学兵器に新史実!?

(画像をクリックすると、別窓に拡大画像が出ます)

佐藤優氏のコメントを、フィオリーナの以心伝心さん経由で知りました。
正論6月号の記事についての論評のようです。

で、19日の朝日新聞には、第3社会面に気になる記事が・・・
(Webでは見つからなかったので画像でうpしてみました)
「毒ガス」についての演習の記録のようです。

やっぱり、日本人気質と言いますか何といいますか、
事細かに、記録してあるようで、
こういう物が残っているとするならば、
化学兵器についても、しっかり、引き渡し前後の様子が、
書面で残されていても、可笑しくないと思ふわけで、
正論の記事は、正鵠を得ているのではないのかと。
だからこそ、政府も中国も黙りを決め込んでいるんじゃなかと、
疑えば幾らでも疑える・・・

連合軍の指示で、兵器を引き渡した経緯が明確になれば、
1兆円では収まらないだろう処理費についても、
計画の見直しが出来るんではないのかと。

言われるままに、ドブに捨てるが如く、
いや、反対に中国のインフラ整備の為の如く、
大義名分の立たない費用を負担することはオカシイと、
日本の納税者に、知らしめなくてイケナイ。

中国は、ブラックホールの如く、幾ら謝っても、
幾らつぎ込んでも、際限なく、そして、臆面もなく、
日本から金を巻き上げるつもりでしょう。
言い過ぎかもしれないけれど、強請たかりのプロですよ。
そんな相手には、毅然とした態度で出るしか、
この泥沼から抜け出すことは出来ないと思ふのです。


*** 勝手にTB ***
フィオリーナの以心伝心
 中国の「遺棄科学兵器」-祖父たちの几帳面さを無にしてはいけない
臥竜窟より愛を込めて
 魚の目のようなもの・・・

FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る
 遺棄化学兵器に新史実!?(2006/5/18)

関連エントリー:
[06/05/14] ■進まぬ遺棄化学兵器処理
[06/05/01] ■遺棄化学兵器処理と原田衆院外務委員長
[06/02/28] ■兵器引き渡し文書発見なら
[06/01/03] ■毅然として、拒絶すべし
[05/12/04] ■また、化学兵器問題です
[05/11/08] ■欲しいなら欲しいと言えば?<宗主国様
[05/11/02] ■宗主国様の厚顔無恥
[05/10/22] ■遺棄化学兵器処理に1兆円?

・・・続きに、記事本文があります・・・



05/20(Sat)02:43 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)