【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Dec/20/2004

『対馬乗っ取り計画』

画像を翻訳したものが、下記です。
外国人参政権を与えると、この計画が実行されてもおかしくない状況になります。
真剣に計画しているということが、お人好し日本人には信じられませんっていうか、こういう思考は・・・ようわからん。

ということで、ご参考までに。

出典:
【国内政治】永住外国人地方選挙権付与法案、自民党内に慎重論、公明党は反発[11/19]
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1100857861/


『対馬乗っ取り計画』
朝鮮語(原文)
http://www.hanbitkorea.com/html/daemado_002.html

日本語訳
http://www.excite.co.jp/world/korean/web/body/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.hanbitkorea.com%2Fhtml%2Fdaemado_002.html&wb_submit=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%BF%BB%E8%A8%B3&wb_lp=KOJA&wb_dis=2

翻訳

'対馬島はわれらの領土'の作詞及び製作者である催東国です.
'対馬島'を現在の'独島'に似ている水準の外交紛争地域で作ることができる戦略要点です.

1)これから遠くない未来にコリアは統一(完全ではないが)なることに予測されます.

2)中国は'統一コリア'との関係が好きに維持しながら自分の勢力を拡大させて行こうと思うはずで,アメリカは伝統的な日米結束関係を強化しながら'中国の勢力拡大沮止線'としてすなわち,緩衝地域で'統一コリア'で影響力を維持しようとするでしょう.

3)未来'統一コリア'の潜在的な敵は遠くいるアメリカではなく'日本'になることが確実視になります.

4) 100余年前以来で現在まで日本はコリアンを見下して来ているし決して'統一コリア'を恐れないし,そういう雰囲気が造成される場合戦争も辞さないことに予測されます.

5)南北韓はこれから成り立つ'統一コリア'の未来に対して悩まなければならないです.
すなわち,これからあるかも知れない'日本の再侵略'に備えなければならないことです!

6)日本の最大強点は'不意打ち戦略'で相手の虚を突いて来たしそんな面では非常に卓越だと判断されます

7)日本の再侵略は'独島不意打ち作戦'にから始まる可能性が多いと見ます!

8)外交的な戦略で,今から現在の'対馬島'をドックドワみたいな紛争地域で作って行く中長期的な計画を樹立して行わなければならないでしょう

対馬島返還戦略***********

1) '対馬島はわれらの領土であった.'(日本よりは相対的に私たちの支配領域に属した....)は学術的な論文がたくさん出なければならないです.政府ではことさら気を使って研究費補助をしなければならないだろう.

ある程度論文たちがたくさん出て自信感が生じれば, '対馬島(スシマ)韓日共同歴史研究会'みたいな団体が結成されて共同の調査,研究内容交換,定期的な共同セミナー開催..なども可能だろう.

2) '対馬島はわれらの領土(韓国語)'と'対馬島は韓国の地(日本語, 韓国のつしま)'歌が南北韓国内と日本に広く普及されて大衆の中で対馬島に対する認識が新しく造成されなければならないです.

'歌(特に,大衆音楽)'は波及效果面で爆発性を持っています!

3)対馬島住民たちに対する格別の愛情と文化的な交流(毎年8月初に'スシマ(対馬島)アリラン制'と言う(のは)祭りが定期的に開催されてあること.)の拡大と実質的な経済協助が必ずなければならないだろう.
まず,多い観光客が対馬島を訪問してコリアンたちから観光収入をたくさんあげなければならないだろう.

4)ある程度対馬島に対する国民的な共感が形成された時,愛国団体,学者,政治家,外交官,総理,.....後には大統領が'対馬島を返還しなさい!'で主張するのです.

李承晩大統領が何回返還しなさいと堂堂と申し立てた歴史的な事実を詳記しなければならないです!


長期的な対馬島返還戦略************

1)未来統一コリアで無力に占める方法がありえるが,この方法は非現実的です.

2)一番現実的な方法では, '対馬島住民たちによる投票'として決めることです!
すなわち,対馬島住民たちがひしとコリアに帰属されるのを希望する場合,日本がこれを無力で阻むことは難しいというのです.

3)今から対馬島住民たちの心を捕らえることができる長期的な計画及び戦略を樹立して效果的に実行して行かなければならないでしょう.

-対馬島に関する水準が高い多くの論文たちが出なければならないです.

すなわち,国際的な学術誌に載せられて発表することができる論文たちが用意しなければならないです.

-現在,釜山市と対馬島の間に交流が進行されているが,
政府次元での経済的な支援と積極的な文化交流が必要です.

-コリアから多い観光客たちが対馬島を訪問して現実的に経済的なお手助けにならなければならないです.

対馬島を'ノービザ観光地'で万たち必要があります.

-対馬島住民たちに対する'韓国語'教育が必要です.

窮極的には,対馬島は韓国語と日本語が共用されることができる地域にならなければならないです!

このような長期的な計画スリブハで,段階別效果的な実行を通じて,相当した時間が経った後
対馬島住民たちこの現実的に"コリア"に帰属されるのを願うようにしなければならないことです



関連エントリー:[11/18]粘る公明 自民慎重@外国人参政権問題
http://myjulia.btblog.jp/cm/kulSc01zp45466084/1/



11/20(Sat)03:15 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin


(1/1page)