【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Dec/22/2005

■公的資金の投入・・・金融機関と耐震強度偽装被害

同じ公的資金投入ですが、考えさせられます。
まず、「朝銀系信組」
いっちゃぁ悪いけど、取り込み詐欺と同じですな。
計画倒産(破綻)ですよ、この手口。

~~ 引用開始 ~~
 在日朝鮮人系信組は平成九年に三十八信組だっが、十六信組が破綻、十九信組が合併するなどして、現在七信組に減少した。破綻した十六信組については、RCCが二千九億円で不良債権を買い取った上、預金者保護のために、受け皿となる七信組に対し、公的資金一兆千四百四億円を投入した。RCCは今年三月までに千四百七十億円を回収したが、回収率は73・2%にすぎない。
~~ 引用終了 ~~

投入した公金は、日本・日本人の為ではなく、朝鮮人関係に渡り、
どこへ行ってしまったのか。
こういう場合には、総聯様は知らぬ存ぜぬを押し通すんでしょうね。
反対に、「民族差別だ」とも、騒ぎ立てるんでしょうね。
決して「我らが結束して、穴埋めします」とは言わない。

でも、628億円の行方不明って、そんなん、有りですか?
公的資金の一兆千四百四億円って、漢数字ではそんなに感じないけれど、
数字で書くと、¥1,140,400,000,000.ー ですよ。
12桁電卓じゃぁ、桁が足らないんですよ。
こんな巨額を投入って、知っている人は少ないです(きっぱり)

「どっか、いっちゃいましたぁ」で、済む問題ではありませんよ。
これだけの資金があれば、障害者支援にも十分回せる。
高齢者の為の福祉施設だって、何棟も建てられる。
RCCは、裁判でも何でもやって、トコトン、追求して欲しいものです。


「耐震強度偽装被害」
これまた、命に関わる問題ですよ。
最初のうち、行政は「民・民」の問題とか逃げていましたが、
先に出ている判例を知ると、態度が変わってきてます。

しかし、これは、一人の一級建築士が出来る偽装ではありませぬ。
上位の建築士も、検査機関も、グルでしょう。
儲かれば、建物の強度なんぞ、知ったこっちゃない!って、
おのが仕事にプライドはないのか ( `´)/Ω゛ベシッ

でも、我が家にも建て替え時の「強度計算書」があるけれど、
電話帳並に分厚くて、中は、数字だらけ。
でも、知人の一級建築士に見せたら、中をパラパラと見て、
「ちゃんと計算されてるね」と。
「そんなんで、分かるんかい」と聞けば、
「チェックするツボがあるんだよ」

これを見逃した、検査機関の担当者は、専門家である筈なのに、
どうして、ワカランかったのかが、ようワカラン。

どこが負担するにせよ、住民の命が掛かっているんだから、
早急に対応して欲しいものです。
私が住人だったら、きっと、ノイローゼになっちゃうよ、この状況。
地震は何時くるか、ワカランのだから。

*** 参考 ***
【毎日新聞社会部 中村一成記者の捏造記事を暴き続ける】mumurブログ
 民族系金融機関から朝鮮総連へ628億円の不正融資



・・・続きに、記事本文があります・・・



11/22(Tue)17:30 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin


(1/1page)