【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by --/21/2005

■どこでも、韓国スタイル?

これはこれで、韓国スタイルが、世界に広まったと言ふことに?

しかし、国内ならまだしも、
他国・・・それも宗主国さまの国内である“香港”で、
こういう行動をするとはねぇ。
所謂『斜め上』ってさ、どーなのよ。

香港と言えば、今でも、世界に向けての情報発信が成されているわけだし、
それでなくとも、日韓共催ワールドカップ(これも腹が立つけど)の顛末で、
知る人ぞ知る状態なのに・・・

先進国を気取るなら、こういう実力行使は如何なものかと。


しかし、この暴力行動をした中に、日本人もいたみたいですね。
あ~恥ずかしい。
国内では、幾らでも好きにやっても、表現の自由が認められているんだから、
まぁ、しゃぁないけどさ、他国にまで行ってやるのはねぇ。
表現の自由をはき違えているんではないかい?

デモ行進と言ふことで許可されているんだから、
粛々とデモ行進だけしておけば良いのにと思ふワタクシがオカシイ?

いつぞやの女人禁制の区域に、約束を破り押し入った人の思考回路と、
ダブって見えてしまう。
日本人はいつから、こういう、傍若無人の人間が増えたんだろう・・・

情けない・・・_| ̄|●

*** 勝手にTB ***
散歩道
 農民一揆、帰って来ました
=社説は語る=
 世界中で暴れる韓国人
マスコミが伝えない 韓国
 韓国農民ら警官隊と衝突、50人以上負傷 WTO閣僚会議
今日の覚書、集めてみました
 香港:誰が寛容な措置などするか@BBC

*** 参考 ***
とりかご 島根県のお歳暮販促中!
 デモって楽しいのかな・・w
大空のサウラビ・切除の果てに悔いなし
 大活躍!!!大韓kkk!!!



Yahoo!ニュース - 時事通信
 コメ開放問題、結論先送り=農業の大枠合意は06年4月末-WTO閣僚会議閉幕

Sankei Web
 国際 韓国農民ら警官隊と衝突、50人以上負傷 WTO閣僚会議(12/18 00:40)
Sankei Web
 国際 香港警察、韓国農民らを強制排除 負傷者は90人超(12/18 10:55)
Yahoo!ニュース - 毎日新聞
 <韓国>WTO反対デモで逮捕の韓国人、早期釈放を求め交渉

 韓国外交通商省は19日、李揆亨次官を香港に送り、世界貿易機関(WTO)閣僚会議に反対して農民デモに参加し、逮捕された韓国人の早期釈放を求め交渉を行なった。韓国政府の集計によると、17、18の両日に逮捕されたデモ参加者1149人のうち、1001人が韓国人だったという。
(毎日新聞) - 12月19日21時38分更新

・・・続きに、記事本文があります・・・



12/21(Wed)13:02 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■<飲む育毛剤>1日1錠

おつむの薄さにお悩みの殿方に朗報となるのかな?
副作用も、服用を中止すればOKのようですし・・・

で、薄毛の女性にも効果があれば良いのにと思ふ。
薄毛でお悩みの女性って、とっても多いみたい。
できれば、地毛で颯爽と歩きたいけれど、そうもいかず、
所謂部分カツラ的なものをお使いの方も多いようですしね。

とにかく、お悩み解決で、晴れ晴れとした人生が送れるといいね。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞
 <飲む育毛剤>1日1錠、その効果は? 髪も自信も復活

 薄毛や抜け毛に悩む男性は多い。男性特有の脱毛症に効く“飲む育毛剤”が14日発売された。医師の処方が必要だが、1日1錠飲むだけの手軽さが受けそうだ。気になる効果のほどは? 【小島正美】
 ◇6割改善、「塗る薬」併用お薦め…約2%「性機能低下も」  大人になってから、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる脱毛症を「男性型脱毛症」(イラスト参照)という。主な原因は、男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮で働き、脱毛を促すことだ。ニキビや前立腺肥大にも関係するホルモンで、このホルモンの作用が強いと、毛髪が長く太く成長しようとする前に抜け落ちたり細くなる。
 新登場の内服薬はフィナステリド(製品名プロペシア)。男性ホルモン(テストステロン)をDHTに変える酵素の働きを弱めて、薄毛を防ぐ。米国のメルク社が開発した。すでに世界約60カ国で承認され、米国やカナダでは98年から医薬品として使われている。
 日本では輸入元の万有製薬(東京都中央区)が4年前から約400人を対象に臨床試験を行っていた。男性を2グループに分け、1日0.2ミリグラムまたは1ミリグラムのフィナステリドを服用してもらったところ、どちらのグループでも約6割で薄毛や抜け毛の改善が見られた。今年10月、厚生労働省が輸入を承認、日本でも処方が可能になった。
 フィナステリドを用いた治療で、世界一経験豊富なブリティッシュ・コロンビア大学医学部(カナダ)のジェリー・シャピロ教授(皮膚科)は、「半年から1年で効果が出る。これまで数千人を診てきたが、50代以上よりも、30~40代の方が効果は高い」と話す。ただ、ストレスが原因で起こる円形脱毛症には効かない。
 一方、副作用について、シャピロ教授は「2%程度の人で性機能の低下が生じたが、服用の中止で元にもどる。また、約1000人に1人の割合で心拍数の上昇などが見られたが、これも服用の中止で回復する」と話す。
 性機能への影響は気になるところだが、「フィナステリドは、頭部などにある男性ホルモンをDHTに変える酵素に作用するので、血液中の男性ホルモンの量が減ることはない」と話す。
 1錠あたりの価格は250円。保険対象外のため、1日1錠で月に約7500円かかる。患者負担は病院や調剤薬局の処方料によって異なる。
 頭皮に塗り、毛根などの血管を拡張させて発毛・育毛を促す医薬品では、大正製薬のミノキシジル(成分名)や第一製薬の塩化カルプロニウム(同)が知られる。発毛治療で有名な城西クリニック(東京都新宿区)の小林一広院長は、フィナステリドを個人輸入して治療に使ってきた経験から「塗る医薬品と併用すれば、より効果的」と語る。
 万有製薬は一般の問い合わせに応じるため、コールセンター(電話0120・73・1082、平日9~18時)を開設している。
(毎日新聞) - 12月15日12時51分更新



12/21(Wed)00:25 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin


(1/1page)