【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Nov/28/2005

■他人の金は使い放題?

汗水流し、耐え難きを耐えて手にするお金なら、
使う時には、よぉ~く考えて使うのが普通なんでしょうが、
なんの苦労も無く、手にしたお金なら、思いつくままに使ってしまう。
それも、億単位で。

物を買う時には、知識もある程度必要だろうし、
比較検討も必要ではないのかしらね。

会社備品などは、償却期間が法的に決められているわけで、
備品の購入に関しても、これに準じるべきではないかと思ふ。
記事中にもあるけれど、PC・プリンター等は、
耐用年数と言ふより、機能の進歩が著しく、
6年経過した物は、交換して当然だろうけれど、
その他の備品・・・多分、机や椅子等だと思われるけれど・・・
の取り替えって、「無駄使い」ですわよ。

ご自分の家に置き換えれば、子供達が小学校から中学校に進むときに、
勉強部屋の道具を一切合切、新品に替えますか?
ご自分の台所用品を、6年ほどで、新品交換にしますか?

普通に考えたら、学校の経費も、公金ですよ。
これは、形を変えた背任行為ではないのですか?
リース会社も、儲かるから、黙っていたんでしょうかね。


社保庁も、馬鹿です。
ローンを組むときには、どこの金融機関から借りたら得かどうか、
頭が頭痛になる程悩むだろうし、利息の改定連絡が来たら、
穴が空くほど、連絡書を確認するのが、小市民の姿でしょう。

それを、確認もせず、過払いを続けているとは・・・
しかも、それを、指摘せず、高い金利を提示し、
うきうきと受け取っていたNTTデータも、国賊ものですよ。

払いすぎた利息は、元金返済に回せ!
と、声を大にして言いたいワタクシは、小市民(古ぅ~


しかし、儲かればなんでも有りという、企業の姿勢に、
この国の荒廃を感じますねぇ・・・



・・・続きに、記事本文があります・・・



10/28(Fri)06:20 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin


(1/1page)