【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■結局は・・・親?

いじめ問題で言われていること・・・
 「加害者たる子供への説諭や指導は?」
に、本格的に対峙するようになりそうですね。

そう、いじめは、いじめる方が悪い。
いじめられている子供が学校を回避する理由など無い!
いじめた方が反省すべし ( `´)/Ω゛ベシッ
だと思ふ。

いじめられて、ツライ思いをしている子供とその親が、
ツライ思いをしているけれど、
いじめた方の子供とその親が、どう思っているのか・・・
あまりにも、保護され過ぎているんではないのかと.......

刑法の授業でもして、いじめは、こういう法律に違反し、
これこれこういう処罰になる・・・って、教えることも必要だろうし、
いじめに荷担した先生には、割り増し刑を作ってでも(以下自粛

8月に書いた「須賀川の女子中学生」の事件だって、
加害者側の親子はのうのうと過ごしているわけで・・・
学校は、加害者側を隠そうと悪あがきだもんねぇ。
それこそ、被害者の人権救済に力をいれることが、必要だと思ふ。
 参考:子どもに関する事件【事例】


また、給食費の問題だってもそう。
「義務教育」の義務は、親が背負う義務。
国が背負う義務ではない。
だから、(確か・・・)学齢になっても、学校に行かせない時には、
刑罰の対象になるわけで・・・

給食費だって、親の負担が義務。
それが厭なら、弁当でも持たせれば良い・・・と思ふ。
どれだけの給食費が払われて居ないのか・・・
情けないよねぇ。
払えないんじゃなく、払わないんだったら、無銭飲食と一緒。
そこの道理がどうしてワカランのかね。
こんな親に育てられた子供の行く末が不安だぁ~
結局、そんな親を育てた親世代がイケナイのかもしれないけれども・・・

そうやって考えると、
社会常識や、自由と義務・責任を教えてこなかった社会も悪い・・・のか?


いじめも給食費未払いも、性善説をかなぐり捨てて、
現実に対応しなくちゃ、駄目ぽ・・・_| ̄|●




*** コメント&追記・記事詳細はこちらへ ***
 【音静庵】 鏡の間: ■結局は・・・親?



11/28(Tue)04:13 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 教育 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)