【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■柔道で重体なのではなく

いぢめ・・・いや、リンチで重体なのですね。
柔道が好きで、柔道部に入部したのに、
柔道の試合での怪我ならともかく、
歴然とした力の差のある者からの暴行で意識不明になるとは・・・

私の愚弟も小学生から柔道をやってましたが、
段持ちになった途端、中学時代も高校時代も、
体育の授業が柔道の時には、道場の片隅でぽつんと正座か、
いわゆる見本ってヤツしか、やれなかったそうです。
あまりに、歴然とした差があるから・・・が教師の言い分。
道場の先生も、道場で思いっきり暴れて、
学校では、おとなしくしていろと、言い聞かせてくれていた模様。

この柔道部では、なにか、間違った指導をしていたんでしょうか?
柔道は、強ければ良いと言うものではないと。
実力があったとしても、わざと部長から外すとか、
高校の柔道部や警察の道場に通わせて、
部活動だけじゃ足りない物を指導してもらうとか、
そういう努力も、顧問に求められると思ふのです。

また、学校ぐるみでの隠蔽も酷いものです。
加害生徒の保護者の言動も・・・
意識が無いと言う被害者本人の悔しさはいかばかりかと・・・

事件の詳細は、こちら→子どもに関する事件【事例】で読めます。

裁判所の英断を期待したいのですが、イケナイことでしょうか・・・




*** *** コメント&追記・記事詳細はこちらへ *** ***
 【音静庵】 鏡の間: ■柔道で重体なのではなく



08/31(Thu)23:41 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 教育 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)