【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■知事発言

ふと、目についた記事・・・
日本語で言う「言霊」をご存じない首長さんが沢山おられるようで。
口から出た言葉が、どういう重みを持つか、
政治家と言ふ肩書きを持つ皆さんには、
もう一度、考えて頂きたいと思ったのですが・・・

しかし、自衛隊が人殺しの訓練?
タミフル飲み放題で、異常言動が免責?
ハンデを持つ人は、遺伝子がオカシイ?

木の芽時は、普通の人でも、感情が少し波立つ時期と言われますが、
人の上に立ち、尚かつ、公金を動かし、地域行政を担う責任者が、
こういう発言を是とするとは、いやはや、情けない・・・


桜が、これほど、日本で愛されているのか、
その意味をよ~く考えて見て欲しいものです。
「散り際の潔さを愛でる」
この意味をね。


◆◇◆

サボリ癖のついた音静庵ですが、桜の季節になったこともあり、
リハビリがてら、短めコメントで、書き綴りたいと思っています。
宜しくお付き合い下さいませ。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) : 社会 :
 人殺しの練習・異常言動・遺伝子…知事発言も様々

 県の新規採用職員を迎える知事発言で2日、釈明を求められる例が相次いだ。

 埼玉県の上田清司知事は、職員就任式で、使命感の一例として、「自衛官は大変だ。平和を守るために人殺しの練習をしている。『国民の生命と財産を守るために頑張って下さい』と褒めたたえないといけない」と述べた。

 式後、上田知事は記者団に「殺傷という言葉を使えば良かったかもしれない。分かりやすくなり過ぎて、きつい言葉となった」と話した。

 宮崎県の東国原英夫知事は辞令交付式で、インフルエンザで入院中に治療薬「タミフル」を服用したことに触れ、「5日間ほど飲み放題飲んだ。異常言動に走るかもしれないが、大きな心で受け止めてほしい」と述べた。県に「不適切」と苦情が寄せられ、東国原知事は「(発言に)何の問題があるのかと思う」とする一方、「不快にさせたことは申し訳ない」と述べた。

 愛知県の神田真秋知事は、職員入庁式で、福祉に対する意識に触れ、先天的障害のある人などを指して、「悪い遺伝子を持った方」と発言した。報道陣から真意を問われた神田知事は、「ハンデは本人のせいでなく、しっかり対応しなければいけないという意味だった」と釈明した。

(2007年4月3日0時35分 読売新聞)



04/03(Tue)02:01 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)