【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■落書きは「建造物損壊」

また、裁判ネタです。
この「木下正樹被告」の人となりは、仕事の速い mumurブルログ さんの処に、
懇切丁寧にエントリーされていますので、ご一読をお勧めします。

で、最高裁判断がでた
 落書きは「建造物損壊」
これに注目です。
繁華街やガード下などに見られる「落書き」。
これを取り締まる為の該当法令が、今までは、
おっかなびっくり「軽犯罪法違反」を根拠にした取り締まりしか出来なかったけれど、
この判決が確定すると、なんと、「建造物損壊」の容疑で取り締まれる。

記事中に示されているものから、刑罰の違いを比較してみると、
「軽犯罪法違反」
  拘留(30日未満)と科料(1万円未満)
「建造物損壊」
  5年以下の懲役

ね!
格段の差でしょう?
繁華街付近の住宅にまで、傍若無人に書き込まれる「落書き」
これも、この判例から類推して、取り締まれるようになるんでしょうね。
ほんとうに、落書きを消すって大変なこと(金銭+労力+精神的負担)ですから、
ビシバシ、取り締まって欲しいと思います、はい。


しかし、落書きって、ちっこく、目立たないように書くのが粋だと思ふけど、
今は、目立てばOKって、ほんと、野暮になりましたなぁ・・・

+++++ +++++
そうそう、個人的なことですが・・・18日にエントリーした
 ■違法な取り調べ?
に、弁護士さんからのTBなんぞをいただきました。 (*mm*)ポッ
いやぁ、「よくぞまぁこちらへTBしてくださいました」と、
謹んで感謝申し上げます。 ・・・多分、見てないだろうけど(笑)
「あの司法試験に合格した」ってことだけで、
落ちこぼれ法学部OBのアタクシとしては、尊敬してしまうのです。
そんなこんなで、良かったら、井上弁護士さんのBlogへもどうぞ。
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ - livedoor Blog(ブログ)

*** 勝手にTB ***
mumurブルログ
 反戦落書きをした木下正樹被告に有罪判決

*** 参考 ***
法 庫より
 刑法
 第40章 毀棄及び隠匿の罪
 建造物等損壊及び同致死傷)第260条 他人の建造物又は艦船を損壊した者は、5年以下の懲役に処する。よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/19(Thu)15:30 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)