【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■飯島秘書が暴露@靖国問題

( ̄。 ̄) ほお
中国様には、申告済みでしたか。
それでも、会談したって言ふことは、中国様も納得なさっていると言ふことですね。

中国様と韓国様方は、国内向けと国外向けに報道が違うのは、もう、日本人は知ってしまった。
密約があったことも、白日の下にさらされてしまった・・・

はてさて、この飯島秘書の発言に、親中派の先生方やマスゴミは、どーゆー反応をみせるのか(*゚∀゚)=3チョットワクワク


Σ(゚д゚lll)
もしや、完全「無視」もありえなくはない? でも、私やこのBlogのご来訪者やニュースを見た人は、知っちゃったもんね ヽ(・∀・)ノ ワーイワーイ!!


Yahoo!ニュース - 時事通信 -
 昨秋の日中首脳会談、参拝継続を事前伝達=郵政廃案なら解散-首相秘書官が講演
 小泉純一郎首相の飯島勲首相秘書官は11日夜、長野県辰野町での会合で講演し、昨年11月にチリで開催された中国の胡錦濤国家主席との首脳会談について、事前に日本側から「首相は2005年も靖国神社を参拝する考えだ」と伝えていたことを明らかにした。
 飯島氏は「チリで胡主席と会う前に(中国に対し)初めて強烈なカードを切った。『小泉首相は時期は別として来年も靖国神社を参拝する。それでも不都合がなければ会談を受ける』と伝えた上で会った」と指摘。中国側も小泉首相の意向を承知して会談開催を受け入れたとの認識を示した。
 飯島氏はまた、この首脳会談に続く昨年11月のラオスでの小泉首相と温家宝首相の会談でも同様に、小泉首相の靖国参拝継続の意向をあらかじめ中国側に伝達していた、と語った。その上で「国の指導者たる小泉(首相)が不戦の誓いで靖国神社に行くのは何らおかしくない。多分必ず参拝すると思う」と述べた。
 一方、飯島氏は郵政民営化法案に関し、「首相は退路を断っている。法案が通らなければ(首相は)廃案で構わない。すなわち衆院を解散するとわたしは勝手に感じ取っている」と語った。 
(時事通信) - 6月11日23時0分更新

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 -
 <飯島秘書官>首相は今年も靖国に「多分必ず参拝する」

*** 参考に ***
産経Web | SPECIAL 北朝鮮問題
 ■靖国参拝問題-政治家よ国を危うくするなかれ 論説委員長・千野境子

----- 上記リンク切れ対策用全文は、こちらをクリック -----


関連エントリー:
[05/06/10] ■分祀は不可能 by 神社本庁
[05/05/29] ■裁判と判決・・・極東軍事裁判
[05/05/17] ■「血で汚れたA級戦犯」だぁ?



06/12(日)01:19 | トラックバック(5) | ◆ 極東 | 管理

この記事へのコメント投稿はできない設定になっています
コメントはありません。


(1/1ページ)



FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン