【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■都営住宅だけでなく

民間住宅に住んでいる生保世帯にも、家賃補助があるんですよね。
月額の上限は決まっているけれども・・・

で、民間住宅居住の生保世帯にも、これは該当して貰えるんでしょうか?
真面目に自立を目指している世帯も多いんですけれどもね、
そうじゃない世帯もあるんですよ。
そういう世帯が入居した住宅の大家と言ふのは、悲惨な事象にあうことも多く・・・
でも、生保世帯ならば、取りあえず、生活の指導なんかもあるらしく、
対応方法があるから、まだ、マシと言えばマシ。

悲惨なのは、生保対象にもなれずの世帯。
収入があっても、家賃に回すこともなく、計画性も無く、
日々暮らしている世帯・・・
家賃未納に対しての督促も、蛙の面に何とやら・・・
保証人も、「払えません」と、のらりくらり。
業を煮やして、立ち退き裁判を起こしても、出廷さえもせず、
強制退去をしたって、いけしゃぁしゃぁと、
どこぞから都合つけて(都合つくなら、家賃に回せやヽ(`Д´)ノ!!)、
強制退去間際に、必要な荷物だけ持って、次の住居にお引っ越し。
残された残骸は、大家持ちで廃棄処分・・・
勿論、裁判費用も弁護士費用も強制退去費用も産廃処理費用も、大家負担・・・
最低でも、札束1つは要りますからね。
月数万円の家賃で、札束まで貯めるのは、年単位の時間が必要で、
結局、その間は、只で使われていると同じ事…_| ̄|○

それなのに、ご当人は、新しいお家で、新生活・・・
大家としては、もう、情けないの一言ですよ。

たしかに、不動産経営(賃貸物件)は、
収益事業と言われればそうなんですけどね、
でも、明らかに、入居者の不法行為による損害は大きなものがあって、
経営規模によっては、家賃未納世帯への対応費用負担によっては、
借金生活にもなりかねないのですよ。
大家だって、その家賃を充てにして生活をしているワケだし・・・

経費になる・・・と言っても、収入がなければ、それこそ、経費にもならない。
ということで、入居者の為の敷金返還裁判も大家が総負け状態の今日、
家賃未納に関しても、厳格な法の改正を求めるのは、駄目かな。

と、大家の娘の立場で書いてみました。
本当に、「家賃滞納による立ち退き」は、嫌なもんですよ。
大家の娘なんて立場は、熨斗を付けて返上したいもんです、はい。
しかし、某銀行からの9桁に上る借入金をチャラに出来るほどの甲斐性もなく、
平穏無事に月々6桁半ばの返済を続けるには、このまま、
大家を続けて行かざるを得ないってことが、悲しい・・・


*** 参考Blog ***
元検弁護士のつぶやき
 生活保護世帯の家賃滞納対策

YOMIURI ONLINE(読売新聞) : 社会 :
 都営住宅、家賃「天引き」に…滞納の生活保護世帯



03/23(Fri)02:27 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)