【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


【掘り起こし】高利で自殺者、疑問に

----------
これから、参考にと保存しておいた「時期を外した記事」についても、
時折、【掘り起こし】として、コメントしてみようかと。
「こんな記事があったのね」って思って頂けたら幸いです。
----------

ということで、初回は、2006年11月の記事から・・・
法律遵守は法治国家として当然のことなんですが、
その法律が社会情勢に合わなかったり、
なぜか、国民が不利益を被ったりすることが見られたりします。

最近で言えば、「飲酒運転での事故での逃げ得」。
これも、道交法の一部改正で対応するようになりますが、
先日ニュースで見た「トラックの車内装備」と言うか、
車内改造・・・も、対処法を早急にと思ふ事象です。
巻き込みでの死亡事故を起こしたトラックの車内は、
サイドミラーが見えなくなっているのは勿論のこと、
車内改造で、助手席側ドアを塞ぎ、自らが「死角」を作り出し、
結果、交差点の左折時に巻き込み事故で死者をだす。
これも、対応法令がないため、取り締まれないんだそうな。

サラ金の高利については、最高裁判決により、
立法府が動き、法令の改正になりましたが、
「悪法」や規制は、ちゃっちゃと対応して欲しいものだと。

法律の多い国は、それだけ、民意が低いと言って良いのかもしれません。
でも、実際問題として、法の不備を突いても大手を振って・・・
と言う状況では、法の整備を求めるのは、仕方がないのかもしれません。
日本のように、100年も前の明治憲法を後生大事にしていては、
現代社会に適応出来なくなりますものね。






01/10(Wed)01:35 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)