【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■NHK放送命令

マス・メディアやら一部議員やら、
拉致問題に正面から向き合って来なかった面々の反対は、
どこぞの野党の反対の為の反対のようですが・・・

NHK曰く、「いままでもこれからも拉致問題に関して云々」には、
鼻で笑ってしまいますね。
新任の不倫キャスターを1週間で首にした番組なんぞは、
03/05/07の国民大集会を、1秒も報道しなかった。
絶対に、これは、忘れない!

そんな輩ばかりだからこそ、
閣議決定やら総務省の諮問やらが起きるようになったのです。

マス・メディアが自国の国民を拉致されたことに、
真摯に対応し、継続的な報道をし、
VOAのような放送を、自発的にしていれば、
こんな命令なんぞ、必要なかったのですよ。

そして、国民の皆さんも思い返して欲しい。
 2002/9/17(火) 小泉首相第一回訪朝時、首相官邸に
 「なぜもっと早くに対応をとらなかったのか」
 と抗議の電話が殺到
したことを。
あの時の怒りを、どうぞ、思い返してください。

本来ならば、国から交付金を貰っていて、
尚かつ、短波放送を持つ「みなさまのNHK」が、
自発的に、「しおかぜ」を放送してるのが当然だったのですよ。

でも、放送局のどこもがやってくれなかったから、
現在の北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」は、
民間団体が行うしかなかったのです。
月に百数十万の経費を寄付でまかないながらの放送です。
北朝鮮からの妨害電波によって、周波数を変更したり、
イギリスの放送局へ依頼している為、相当額の経費が掛かるのです。

放送命令が、言論の自由を云々とか、大本営発表云々と、
危惧するならば、マス・メディア自身が、
北朝鮮に拉致された多数の自国民を奪還するための運動をし、
放送命令を跳ね返せば良いのです。
ただそれだけのことなんですよ。


*** 参考Blog ***
佐藤 健の溶解する日本/ウェブリブログ
 「NHK国際短波で拉致をやれという閣議決定」について
info21:イザ!
拉致問題の国際放送
ブログで情報収集!Blog-Headline:
 NHK命令放送(菅総務相)拉致問題で審議会に諮問

*** 参考 ***
特定失踪者問題調査会
 ■北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」■

しおかぜ通信

しおかぜ (放送) - Wikipedia

手前味噌ですが・・・色々、資料をまとめておいてあります。
◆拉致関連 総合◆


*** コメント&追記・記事詳細はこちらへ ***
 【音静庵】 鏡の間: ■NHK放送命令



10/25(Wed)01:47 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)