【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■相手を見て・・・

「日本人は総じてお人好し」です。
相手の言い訳やその場限りのミエミエの言い訳も、
一度や二度、痛い目を見ても、三度目も信用しちゃいます。

でも、国際関係はそうしては駄目。
いくら、こちらが誠心誠意対応しても、
「尻の毛まで・・・」と言う相手には、
それなりの対応をしなくちゃ。

確かに、国際問題を武力で解決しないって、
憲法で決めてあると言う人達も沢山います。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


でも、仕掛けられた喧嘩まで、無抵抗であれ・・・とは、
書いてない。

武力で来たら、即、国連安保理に緊急動議でも出して、
自衛の為の抵抗をする覚悟も必要な今日この頃。

隣人が、自分ちの庭先や畑に入ってきて、測量しているようなもん。
その測量結果をどう使うか、問いただすのは勿論、
考え得る全ての対抗策を準備しておくことも、
自分の財産を守る最低限の自衛行動だと思う。

「特定アジア(中・朝・韓)」に対して、御無理御尤もなんて、
やっていたら、それこそ、海洋資源から、領海から、みんな奪われちゃう。

もういい加減、お人好し日本も、腹を括らなくちゃ。




*** コメントはこちらへ ***
 【音静庵】 鏡の間: ■相手を見て・・・



07/04(Tue)02:54 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)