【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■「退職金」

たしかに、首相の掛け率が年数で、首長が月数は、オカシイよなぁ。
基本が、100万として、小泉サンは5年だから、500万。
首長さんは、1期4年→48を掛けるから、4800万。

たしかに、選挙にお金が掛かるっていうこともあるだろうけれど、
それは、国会議員も同じ事だもんねぇ。
で、首長さんの多選者は、その度毎に貰うって、これまた、変。

そもそも、零細企業に勤めている労働者には、
退職金の無い人も多いよなぁ。
うちの連れ合いも、多分「0」だと思ふ。
だって、ボーナスだって、雀の涙だしぃ。
でも、本人が好きで選んだ仕事だからね、
そういう人を連れ合いに選んだワタシが、
せっせと、老後貯金を勤しむことで、老後を考えるしかない。

で、横浜の中田市長は、どーすんだろう。
第2期目になったわけで、第1期目の退職金、丸々受け取るのかね。
ここでも、お得意の市政の改革で、
どーんと、多選の場合は、1期分だけ満額を受け取り、
2期以降は「0」にするって言ふなら、拍手なんだけどなぁ・・・



独り言:
風邪引きまして・・・
花水が止まらず、花のかみすぎで花が痛いし、
花から喉まで障害物無しで、花水が通過して、
不快感全開です(つ_;)

物事を、長く真剣に考えられません。
 ・・・って、いつものことだけどナ<ぢぶん。

皆様も、どうぞ、お気を付けてくださいまし。

・・・続きに、記事本文があります・・・



05/09(Tue)03:22 | Trackback(0) | Comment(1) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: 退職金

 確かにこれは、地方自治体の長が高価いというより、首相が安すぎる気がしますが、考えてみれば、知事は退職すれば無職。首相は退陣しても国会議員としての収入は維持されるわけで。
 そう考えると、知事の方が高価いのも、おかしくはないのかもしれません。


 by MIN | 05/11(Thu)09:24


(1/1page)