【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■朝日新聞世論調査:東京裁判

(画像をクリックすると、別窓に拡大画像が出ます)

学校の歴史教育は、過去から現代に向かってなぞっていくため、
多くが、明治維新辺りで、時間切れになっているのではないか?
私も、学校では、明治維新辺りで授業が終わり、
あとは、自分で読んでおくようにと、言われた記憶がある。

最近は、センター試験で戦後あたりまで、
出題されたりしてはいるようだけれど、
それでも、東京裁判(極東軍事裁判)を詳細には教えてないと思ふ。

で、この調査・・・
なんだかなぁ・・・
Webでは読めない部分を手元にある紙面から、
少し、キャプしておきます。







とにかく、東京裁判と言えば、パール博士の存在や発言を知ることで、
どんな裁判であったかが、理解出来ると思ふ。

「ハル・ノートのようなものをつきつけられれば、モナコ公国やルクセンブルク大公国でさえ戦争に訴えただろう。」
「戦争に勝ち負けは腕力の強弱であり、正義とは関係ない。」
-----

激動し 変転する歴史の流れの中に
道一筋につらなる幾多の人達が
万斛の想いを抱いて死んでいった
しかし
大地深く打ちこまれた
悲願は消えない
抑圧されたアジア解放のため
その厳粛なる誓いに
いのち捧げた魂の上に幸あれ
ああ 真理よ!
あなたはわが心の中にある
その啓示に従って われは進む

1952年11月5日  ラダビノード・パール




・・・続きに、記事本文があります・・・



05/02(Tue)16:14 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)