【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■歴史を断ち切ると言ふこと

日本の天皇制が、なぜに、2000年以上も続いているのか。
あの信長でさえ、天皇を利用はしたけれど、無くさなかったのか。
第2次世界大戦終結時、あのマッカーサを初めとしてGHQが、
天皇制維持に向かったのは何故か。
  :
  :

天皇制の体制見直しを、稚拙に決定しても良いのでしょうかね。
歴史観も何もなにし、ただ「続けて行くには?」と言ふ視点からの
懇談会の意見を、国策に持ち上げてしまうのは、如何なものかと。

そりゃ、今までの国策には、懇談会なるものの決定が用いられてきてはいるでしょう。
しかし、それは、専門家達の意見が少なからず入っているからで、
今回のように、大きな声で、「素人考え」と露わに発言するメンバーが、
どこまで、責任持つ結果を出したのでしょう。
会議録を追ってみると・・・
まず、結論ありきの流れが見えてくるような・・・
皇室典範に関する有識者会議メンバー
  岩男 壽美子 武蔵工業大学教授、慶應義塾大学名誉教授
  緒方 貞子 国際協力機構理事長
  奥田 碩 日本経済団体連合会会長
  久保 正彰 東京大学名誉教授
  佐々木 毅 前東京大学総長
  笹山 晴生 東京大学名誉教授
  佐藤 幸治 近畿大学法科大学院長、京都大学名誉教授
 ○園部 逸夫 元最高裁判所判事
  古川 貞二郎 前内閣官房副長官
 ◎吉川 弘之 産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長
◎座長 ○座長代理 (五十音順)

会議の座長の吉川氏は、ロボット工学の専門家らしい。
そして、こういうことを言い放っている。

 我々は歴史観や国家観で制度を作った訳では無い

 歴史はわれわれがつくっていく


天皇制の根幹は、歴史であり、国家観ではなくて何とする。
中国何千年の歴史と言われているけれど、時代毎に施政者は代わっている。
世界でも例のない、男系による連綿と続く、世界一古い「家」を、
当の家族の同意も無しに、廻りがよってたかって、
変えても良いものなのだろうか。

天皇陛下を始め皇族の皆様のお考えを代表した形で、
三笠宮殿下も、警鐘を鳴らしておられます。
皇族の結婚でも、皇室会議なるものがあります。
当事者の意見を無視した決定をごり押しすることは、
「特定アジア(中・朝・韓)」による靖国参拝問題にも重なって見えます。

どうか、歴史観・国家観を下敷きに、ゆっくりと、
天皇制維持の方策を探って欲しいと思います。


しかし・・・
 女系天皇と女性天皇は、まるで違う
ってことを、マスゴミは故意に隠していなさるのだろうか?
それとも、マスゴミ自体が、女系・女性の区別がついて居ないのだろうか。

*** 勝手にTB ***
ぼやきくっくり
 皇室典範~女系天皇阻止メール大作戦

*** 参考 ***
ぼやきくっくり (大まかな情報がまとめられています)
皇室
皇室典範に関する有識者会議
Yahoo!ニュース - 女性・女系天皇の検討



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/27(Fri)12:53 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)