【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■医師の判断

痛ましいことで・・・つ菊

帝王切開には、予定してのものと、突発的なものとがあるようです。
今回のものが、そのどちらかなのか、詳細が分かりません。

女性の場合、できるなら、子宮を温存したいと思ふでしょう。
家族も、出来れば・・・と。
命と秤にかけて、どうするかとなった時に、
即決を求められることもあります。

今回は、この医師がどういう考えで、子宮摘出ではなく、
癒着した胎盤を剥がそうとしたのか、聞いてみたいです。

また、死亡についての届け出がなされていなかったとのことですが、
これも、医療事故と認識していたのか、否か・・・

残されたお子さんが長じて、
「自分を産むために母が命を落とした」と言うことで、
心に傷を負わなければ良いがと、案じます。


+++++ +++++
続報が来ました。

絶句!

未経験の施術がどれほど危険か・・・
以前にも、死亡事故が起きてますよね。
それほど、自分の腕に自信があったのか、
それとも、それほどに、突発的な流れだったのか、、、

しかし、こういう事故は、多くの個人病院で起きる可能性があると言ふことですよね。
通常分娩からの帝王切開への切り替え時に応援の医師をどう確保するか、
それを考えなくてはイケナイのですが、
そこんところも、どうなっていたんだろう・・・




・・・続きに、記事本文があります・・・



02/18(Sat)16:25 | Trackback(0) | Comment(1) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: 癒着胎盤

ほんとうに残念で痛ましいケースであったと思います。
癒着胎盤は10年以上産婦人科の経験がある医師でも経験しない程まれな頻度で起こり、出産前に診断する事はほぼ不可能なものです。
手術中に大量出血が始まりあっという間に手術している手元が血液で見えなくなる程の大量出血になって癒着胎盤とわかります。
この医師はその段階で、病院で行いうる十分量の輸血を行い、最終的に子宮摘出に踏み切っていますが、残念な事に救命しきれませんでした。
余談ですが、この医師は、一人で年間200件以上の出産を行っており、経験量は普通の医師以上と思います。残念でなりません。


 by たま | 03/07(Tue)15:57


(1/1page)