【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■経産省部長ブログ「炎上」:PSE法

「天下の悪法」PSE法。
これほど、施行前から、抗議の上がる法律も珍しいんではないの?
天下り団体確保の為などという噂が、まことしやかに流れてますけどね。

この炎上Blogについては、音静庵でも投稿コメントを頂いて、
20日にご紹介していましたが・・・
真面目に、抗議している人、おちょくっている人と様々でしたねぇ。
まぁ、それ以前に、投稿時間がね、勤務期間内と言ふのに、
疑問を投げかける方も多くいらして、
Blog主は、必死に弁解していたようですけど・・・

公務としてのBlog開設も悪くないと思いますよ。
最近は、民間企業でも、
Blog開設も業務の一環としているトコロもありますから。
でも、勝手な思いこみで、勤務時間中にと言ふのは、如何なものかと。

さて、このPSE法ですが・・・
中古家電に関しての記述は無いそうですね。
つまり、総務省の担当官の解釈で、中古家電が含まれたラシイ。
(この辺りは、Birth of Bluesさんが詳しいので是非どうぞ)

で経産省大臣って・・・と調べてみたら、『二階 俊博』・・・_| ̄|●
がちがちの媚中派だぜ・・・
副大臣も政務官も・・・だめぽ・・・゚・(ノД`)・゚・

とにかく、悪法は改めませう。
中古家電のリサイクルは、「もったいない」運動に則しているわけで、
法の解釈次第で、リサイクルの輪が保たれる。

つ 経産省関係者殿
過ちては改むるに憚ることなかれ
(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)
 過失を犯したら、ためらうことなく速やかに改めよということ。『論語・学而』の孔子のことばに「過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」とあるのに基づく。

過ちを改めざるこれを過ちという
(あやまちをあらためざるこれをあやまちという)
 過失を犯すのは誰にでもあることでやむを得ないが、過失を犯したと気づきながら、なおも改めようとしないことこそ、真の過ちだということ。『論語』より。




関連エントリー:
[06/02/20] ■気儘に書き連ね ≪2/20≫
[06/02/17] ■ある意味「文化」です

・・・続きに、記事本文があります・・・



03/09(Thu)11:35 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)