【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■無理は分かるが

無駄な使途金はないんかい?
しっかり、歳出が適正であるか、否かを
複数の資料を使ってのクロスチェックしてるんかい?

関係省庁は、(個人的には好きな手法ではないけれど)
トヨタ方式・・・”乾いた雑巾を絞る”の覚悟でやっていただきたい。

利権や無駄・効果なしのODAなんぞ、規模を縮小して欲しいし、
談合もそうだし、物品の定価購入等々、
主婦には考えられない購入方法、
様々な公務員への特典・・・共済年金への支出等も止めて欲しい。
しかし、なんで、こういう特例なんてものを、易々と認めるかね。
国民には見えてないと思っているだろうけれど、
私やコレを読んでいる人には、「お役人のズル」が見えた!

こういう、抜け駆けや特権、ズルの類を全て白日の下にさらし、
きちんと、国民が納得できる制度に改正し、
乾いた雑巾から、絶えず水を絞り出そうとし、水滴が垂れている、
その姿と結果を見せてくれたまえ。

これは、国家公務員だけではない。
地方公務心員もまた然り。

他人の金だと思って、完成後のランニングコストも考えない、
おまけに、利用者数を妄想の如く、
いや、こんなだったらコストもOKなんだけどなぁ・・・
なんて、希望数に合わせて、利用予測をでっち上げて、
計画&建設する箱物。

あちこちになるあんなもん、そこまで、立派にせんとならんのか?
アンタ達の家庭でも、(金額の)大きな物を買うときは、
しっかり、数カ所を見て歩き、
比較検討してから、買ってはいないかね?
定価で買うなんてことは、ほぼ、あるまい。
定価での衝動買いが出来るほどのお給料を貰っているのも、
また、困ったことになるえ。

住民が望むコトと、行政がおやり下さるものとの乖離は酷すぎまっせ。
とにかく、何事にも動きが緩慢。
だから、どこぞの役場の「すぐやる課」がニュースになったりする。
これは、全国、どこの役所にでも有って当然。
役所の意義を考えたら、無い方がオカシイことでしょう?

なにせ、何年も前に計画したものを、時代に合わせるという調整もせず、
計画のままに遂行したって、時代遅れだは、使いにくいはで、
救いようのない無駄遣いにしかならない。

とにかく、増税は、乾いた雑巾から水を絞ってからの話ではないかね?




・・・続きに、記事本文があります・・・



02/10(Fri)13:02 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)