【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■対応出来るんだけどね・・・winnyデータ流失

winnyの生みの親が、京都府警から起訴されて、
ただ今、公判中。

連日のwinnyデータ流出に関して・・・
「私が逮捕されていなければ対処ができ、初めから問題は起きなかった」
 弁護側は「流出問題の対応策を取れるのか」と質問。金子被告は「問題を防ぐように改良することは比較的容易にできるし、積極的に対処したいが、改良を問題視されて、罪に問われた。今改良すれば、また幇助に問われることになる」と述べた。


いわゆる「三すくみ」ってヤツかね。
京都府警が、winnyの作者を「ソフトの改良}を問題視して逮捕。
どこかの誰かがウィルスを作成
 →winnyによるデータ流出が続出中。
作者はウィルスに対応したい。
 →立派なソフトの改良。
ソフトを改良すると、また、京都府警が逮捕。

Winny自体は、各自のパソコンをサーバーに見立てるってソフトで、
それは、大がかりなサーバー構築を不要にして、
インターネット内でのデータの共有が、簡単になる・・・
そういう趣旨だと理解している σ(´∀`;)

ただ、悪用する利用者がいる→犯罪になるってことだと思ふ。
一番、悪いのは、悪用する利用者。
それに対して、見せしめ的に作者を吊し上げているわけで・・・

なんだか、凡人にはわからん犯罪構成です、はい。


とにかく、公私の区別の付かない利用者がイクナイ。
自分が、どれほどの情報を扱っているか、
そこんところを、組織全体で、再教育すべきでしょうね。



関連エントリー:
[06/03/09] ■駄目だこりゃ・・・winnyデータ流失

・・・続きに、記事本文があります・・・



03/11(Sat)14:36 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 電脳 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)