【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■教育基本法

分限処分を受けた、どこぞの教師のように、一方的に、
「愛国心=悪」を、そのまま、教えることが無くなるといいなぁ。

自分の国の国旗・国家に対しての尊重を教えないからか、
国際的な場に参加した日本人の多くが、
他国の国旗掲揚・国歌斉唱の場面にあっても、
廻りの諸外国の参加者・観客が起立している中、
椅子に座ったままとか、おしゃべりをしている・・・
そんなことを、昨今、良く見聞きする。

某組合の意に添った教育をしてきた日本の戦後教育は、
「否定」を基軸にしていると言っても良いかもしれない。
 武家政治は、一般ピープルを迫害した。
 2度の大戦で、日本は悪いことをしてきた。
  :
日本の歴史を否定した教育を、延々と受け続けていれば、
日本人であることへの否定的思考になってしまう。
いや、そういう方向へと流れてきている。

せめて、日本の歴史の中でも、良いこともあったと、教えて欲しい。
江戸時代から続く、世界に誇る「識字率」に高さは、
どういうシステムで維持されたのか。

物を教える時には、相反すること両方を、きちんと教えた上で、
どちらかを選ばせることが、自由ではないのでしょうか?
教える立場と教えて貰う立場には、歴然とした区別があるはず。
たとえ、休憩中は友人であっても、教える・教わる時には、
それなりの礼儀があって然る可き。

+++++
そうこうしているうちに、やはり、出てきましたね。
「文化人」「学者」と言う方々の反対表明。

少し、考えて欲しい。
今の教育界の体たらくは、何故かと。
これこそ、反日・自虐史観を標榜する日教組の悪影響では?
日教組と北朝鮮の癒着は、いまや、公然のことでしょう。
否定する方もいるやもしれない。
しかし、日教組の委員長は、北朝鮮から「勲章」を貰っているのです。
これをして、癒着といわず、なんとする!

「文化人」「学者」サン達、エライ人達は、
何故に、日教組を放置してきた?
特定思想の刷り込みを数十年繰り返してきたからこそ、
その結果、親子2代3代にわたっての教育の失敗が、
目に見えて来たて、それへの危機感を感じる人が増え、
基本法の改正に行き着いたんでしょう。
大きな反対運動が起こらないことが、その証拠では?

愛国でも反日でも、両方をきちんと教え、
その上で、愛国か反日かを選ぶのは、個人の自由。
反日を選ぶなら、それなりの国へ行って貰う・・・っていうのは、どうかな?
日本が嫌いな人には、文句を言いながら住んでいて欲しくないもの。

親兄弟を大事にし、生活の糧を与えてくれ、
困窮生活には援助してくれる、この日本に感謝し、
自由の裏には、責任があること等、最低限度の社会のルール・マナーを、
きちんと、教えてくれる・・・そういう学校であって欲しいと思います。


*** 勝手にTB ***
Let's Blow! 毒吐き@てっく
 愛国心の何が悪い?
ぐっじょぶろぐ
 特亜の支配は正当な支配!?

*** 参考 ***
國民新聞(平成15年4月)
 日教組 北朝鮮と癒着
新しい教育を考える教育フォーラムより
 k501211a えっ!槙枝元日教組委員長に北朝鮮から勲章


・・・続きに、記事タイトル&本文があります・・・



04/14(Fri)20:24 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 教育 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)