【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■慣習といっても

家長は男だけ?
ワタクシの場合、諸事情により、旦那がワタクシの戸籍に入った形で、
ワタクシの方の姓を名乗っているんですけど、
これも、だめぽ?
 この日の弁論では、原告側の弁護士が、「2審判決は、家制度の残骸(ざんがい)を維持しようとするもので、到底容認できない」と主張。自治組織側は、「金武の集落を構成する基本単位は『家』であり、男性は家長として分配を受けた」と反論した。

村社会の名残と言ふけれど、寡婦でも、一家を支えている場合もあるし・・・
昔ながらの慣習であれば、そういう家を排除しては居なかったと思ふ。

で、記事を読めば、入会権が発生したのは、最近のことみたい。
自治組織は、収用された山林を薪採りに共同利用してきた住民が1982年、補償金分配のため設立したが、女性には原則として分配しないとする規定が設けられた。

と言うことは、慣習と言ふ程の物でもないでしょう。
地域によっては、数十年どころか、
百年・二百年続いている物もあるからね。
それでも、その時代時代に合わせて、
微妙に方針転換して、継続しているラシイ。

最高裁も、弁論を求めたと言ふことは、こりゃ、高裁判決の破棄かね。




・・・続きに、記事本文があります・・・



02/18(Sat)12:35 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)