【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■成る程納得の札幌市教委

またも、教師の法律違反ですか?
人としての姿を教えるのも、教師の役割だと思ふんですが、
見つからなければ、指摘されなければ、指摘されてもごねれば・・・
って、これ、教師と言う以前に、法治国家の公務員として、
恥ずかしくないんですかね。

札幌市教委の記事を読んで、なんだこりゃ?って思っていたら、
後続のニュースに依れば・・・
なんと、北海道の教師は、勤務評定が成されていなかったとの記事。
あ~成る程納得の仕儀ですわな。
勤務評定が無ければ、なんでも有りなんでしょうね。

おまけに、続いて出てきた、給与の件。
 74年「人材確保法」
  →義務教育の公立学校教職員の給与は一般職より優遇する

・∀・)つ〃∩ ヘェー ヘェー ヘェー ヘェー
こんな規定が未だに維持されてきているんですか。
74年って、もう30年も前のことではないですか。
なりたくても教師になれない人が溢れかえっている現在には、
そぐわない規定だと思ふんですけど、いつ、是正されるんでしょう?

教育の荒廃については、衆院文部科学委員会でも新しい動きがあるようですね。
少し前までは、文科相が、こんなことを発言したら、
それこそ、大臣辞職どころか、議員辞職になっていたでしょうが、
今は、あまりに日本人の心が荒んでしまった原因の一つに、
どんな日本人に育てるか?と言う基本的な教育の柱・・・
所謂「心の教育」の置き去りが問題になってきたことを、
世論という物が、認知してきたと言うことでしょうか?

教育は国の宝だそうです。
子供達が社会生活を真っ当に送れるような教育が成されるよう、
教師ばかりでなく、保護者を始め、国を挙げて、
しっかり考えなくてはいけない時期なのかも知れません。




・・・続きに、記事本文があります・・・



10/21(Fri)06:12 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 教育 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)