【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■情報:強者と弱者の発生

インターネットをしているか、否かで、
受け取る情報の質や内容が異なる時代になっています。

TV番組でも、各番組が独自にサイトを立ち上げて、
放映された内容をフォローしてるのも、普通になってきています。

政府や各政党でも、「ご意見募集」がサイトで行われ、
ある特定の思想集団の暗躍の場になっていることも、また、事実です。
公開された“意見”なるものを見ると、
 こりゃ、動員が掛かったなぁ・・・
と思ふ結果が出されたりしていました。
まぁ、最近は、そういう行動も、勝手にはさせじと、
危機感を持つ人達がBlog等でネットの上に晒し、
多くの人達が、それぞれに意見を表明して、
あっけなく特定思想集団が敗退することも
日常茶飯事になりつつあります。
大手新聞の立ち位置も、読み比べによって、
読者ははっきり、感じてもいます。

紙媒体だけでは、知り得なかった・探しきれなかった情報と言ふものが、
ネットを介することで、1次資料(史料)まで、
行き着くことも可能になりました。


でも・・・
インターネットに自由に参加できる人達ばかりではないことも
忘れてはイケナイのですよね。
まだまだ、PCを駆使し・・・というのは、一部の人達であって、
国民全員ではないわけでしてね。

そういう情報弱者をどう救済するのかを、しっかり、考えて欲しいものです。




・・・続きに、記事本文があります・・・



01/05(Thu)17:35 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)