【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■アスキーアートの著作権問題

#探偵ファイル/探偵魂さんから拝借・・・画像をクリックすると拡大されます(別窓)


某2chで使われているアスキーアートに絡んだ著作権問題と言えば、タカラ騒動がありましたが、今度は、エイベックス絡み・・・

アスキーアートには、原型→アレンジと言う流れがあるようですが・・・何しろ、標準の文字を駆使しての表現物。手書きにすると、また、随分と雰囲気が柔らかくなります。

で、インスパイアーしたら、著作権問題はクリアなの?
何て言ふか・・・人のふんどしで相撲取るなやヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノワッ

エイベックスって、儲かれば、何でもしちゃうのかなぁ・・・



*****
インスパイアー【inspire】:思想・感情を吹き込むこと。鼓吹。
 →三省堂提供「デイリー 新語辞典」より



Yahoo!ニュース - 2ちゃんねる

ITmediaニュース
 「のまネコ」は「モナー」? ネットで騒動に
 エイベックスグループが販売する音楽CD「恋のマイアヒ」の映像に登場するキャラクター「のまネコ」をめぐり、「有名なアスキーアートに似ている」とのインターネットの掲示板などで指摘され、騒動になっている。

 エイベックス側は「アスキーアートにインスパイアされてキャラクター化したもの」と説明するが、ネットユーザーは「ネット上でみんなで育ててきたキャラクターを改変し、独占的に金儲けに使うのは納得できない」などと批判している。

 企業がネット上の書き込みやキャラクターを商品化するケースが増えている一方、ネットユーザーとの“距離”の取り方や付き合い方の難しさも浮き彫りになった形だ。
~ 以下略 ~


INTERNET Watch
「恋のマイアヒ」の“のまネコ”はモナーにインスパイア~エイベックス
エイベックスが発売する「恋のマイアヒ」が人気だ。一方、インターネット上では、この恋のマイアヒのキャラクターである「のまネコ」に対して、2ちゃんねるのアスキーアートの盗用ではないかとの指摘もある。
~ 中略 ~

 2005年6月にはエイベックスから「恋のマイアヒ」として発売された。サビの「飲ま飲まイェイ!」に合わせてお酒を飲むキャラクターを「のまネコ」と命名し、のまネコグッズの販売なども開始した。

 2ちゃんねるなどの掲示板では、モナーは著作権者不明でユーザーが共有してきたキャラクターだとして、一企業がオリジナルキャラクターとして商品化することに対し反発。商標登録により、ユーザーがモナーのアスキーアートを自由に使えなくなるのではないかとの危惧も指摘された。

 これに対して、エイベックスも公式見解を発表する事態になった。同社では「のまネコ」は「のまネコ」の著作権を管理する有限会社ゼンと商品化契約を締結した上で使用しているという。エイベックスとゼンの公式見解によれば「『のまネコ』は、インターネット掲示板において親しまれてきた『モナー』などのアスキーアートにインスパイアされて映像化され、エイベックスネットワークとゼンが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものだ」とコメント。両社では、一般ユーザーに対して「モナー」など既存のアスキーアートやキャラクターについて、使用を制限することはないとしている。

 有限会社ゼンについては、のまネコを商標化するためにエイベックスが急遽設立した企業なのではないかとの憶測も流れるなど、2ちゃんねるをはじめとしたインターネット上のコミュニティでは、のまネコに対する反発は依然として収まっていない。エイベックスネットワークではゼンについて「エイベックスとゼンには資本関係はなく、純粋にビジネスパートナーとしての関係だ」としている。さらに、インターネット上で噂されている記者会見については「まったく予定していない」とコメントした。


・・・続きに、「参考&勝手にTB」があります・・・



09/10(Sat)05:11 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)