【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■2chから「骨髄ドナー体験」が本に

掲示板の中では、賛否両論が渦巻いていますが、
でも、全くの知識「0」のドナー候補者が、骨髄提供までの心の揺れや、
専門的アドバイスを受けていく状況は、
これから増えて行くであろうドナー提供者には、
得難い参考書となるだろうし、ドナー ?(`・ω・´)?と言う人への、
案内書にもなると良いなと思いつつ紹介。


我が家でも、骨髄ドナー&臓器提供に関しての家族会議がありましたが・・・
(母者と私が提供者になりたいと言うことで)
強固に反対しやがる実弟と消極的反対の父者と連れ合いのせいで、
未だ、実現ぜず。

死んだら、魂はお釈迦様のところへ戻り、肉体は朽ち果てるものという、
死生観を持つ私に対して、実弟は、死後も肉体を傷つけたくない・・・と。
これは、死生観に絡むものだから、説得しようとしても無理(つ_;)
いざ、臓器提供の時になって、遺族の反対で・・・相手様にぬか喜びさせては、
失礼だし、それこそ、申し訳ないので、同意を得られるまで、
折に触れ、なんとか、OKして貰おうと対策中・・・
OKが出るまで、PCの中の人にUD参加で、頑張って貰って居ます。

*****
私の参加しているUDチーム UD Team2ch


goo ニュース - (朝日新聞)
「2ちゃんねる」の書き込みから、骨髄ドナー体験が本に
2005年 9月13日 (火) 15:49

 白血病などの治療で実施される骨髄移植のドナー(提供者)に選ばれたけど、どうすればいいの――。そんな疑問や不安を、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」に書き込んで始まったやりとりが、「骨髄ドナーに選ばれちゃいました」(小学館)という本にまとめられた。

 本は昨年3月の書き込みから始まる。「鉄」さんという男性が、幼なじみが白血病で死んだのをきっかけにドナー登録をしたら、しばらくして骨髄バンクから「ドナーに選ばれた」と連絡があり、詳しい検査を受けるよう求められた。

 手術や事前の検査に対する疑問を「2ちゃんねる」に書き込むと、骨髄提供の経験者や医療関係者の回答や感想が、次々に寄せられた。「良いことばかりではないことも知って欲しい」。そんな書き込みをしたドナー体験者もいた。

 患者さんの話も聞きたい、と書き込むと、実際に骨髄提供を待つ白血病患者と名乗る人も現れた。白血病患者への中傷や反論もあった。

 骨髄液1300ミリリットルを採取して韓国の患者に提供するまで、書き込み数は600を超した。議論のきっかけを作った鉄さんは「この本が骨髄移植にまつわる様々なシーンで役に立てば」と話した。

 小学館の菊池博和さんは「若い人は公式情報より匿名情報に、リアリティーや本音を感じられるのでは」と言う。B6判、192ページで1050円(税込み)。売り上げの一部は、骨髄バンクを運営する骨髄移植推進財団に寄付される。


*** 参考 ***
【骨髄】ドナーに選ばれちゃいました【バンク】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1080230225/
骨髄バンクのドナー候補が右往左往するスレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1100093121/
骨髄バンクのドナー候補が右往左往するスレ2 ←進行中のスレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1121834740/



09/14(Wed)02:49 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)