【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■「精強な警察」

様々な不祥事が発覚し、国民からの信頼ががた落ちした影響なのか、
「警官」に対しての良い意味での「畏怖感」が消えちゃったのか、
それとも、お花畑の影響が浸透し、
警官の行動に無言の圧力が掛けられたせいなのか、
刑法犯が凶暴化してきたのか、
とにもかくにも、警官という存在その物の犯罪に対しての「抑止力」が、
全く期待されなくなってきた昨今・・・

警官も、一個の人間だし、刃物で向かって来られれば、
そりゃ逃げたくなるわな。
発砲なんぞした日にゃ、上司がマスゴミに向かって、
「正当な~」とかなんとか弁明せんとならんし・・・

そんな図をTVなどで見せつけられていれば、
警官に向かって抵抗する犯人も増えてくるのは、そりゃ、当然だわ。
笑い話じゃないけど、待て!と制止して、素直に待ってたら、警官要らんもん。

そんなこんなで、悪質化する「公務執行妨害」に対して、
装備強化なさるのは当然なんだろうけれど、強化して、それを執行した場合に、
マスゴミはまた、「合法か 否か」なんて、執拗に聞くんだろうね。

「警官」という身分に対して、勘違いする「警官」も困るけれど、
市民の安全を守る為に、犯人の早期確保も必要なわけで、
市民から尊敬され、信頼される警察であること・・・が根本になければ、
幾ら、装備を強化しても、イタチの追いかけっこで終わってしまうわけで、
そこんとこの折り合いを、きっちりして欲しいと願います。



・・・続きに、記事本文があります・・・



09/27(Tue)02:30 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)