【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■英提督と韓国大統領

画像をクリックすると拡大されます(別窓)

 
( ̄。 ̄) ほお~なお話は、英提督。
インドのパール判事に続き、英提督もでしたか・・・
これから、もっと、出てくるのかもしれませんね。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「東京裁判」は誤り=英提督の批判、公文書で明るみに
 
 【ロンドン10日時事】太平洋戦争の終戦前後に連合国軍の東南アジア最高司令官だった英海軍のマウントバッテン提督が、東条英機元首相ら「A級戦犯」を裁いた1946~48年の極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)の開催を誤りと批判していたことが10日までに判明した。
 東南アジアにおける対日戦の最高指揮官だった英軍首脳による東京裁判批判が終戦60周年の節目に明るみに出たことで、同裁判の正当性をめぐる日本国内の議論に一石を投じそうだ。
 英国立公文書館に保管されている48年の同国政府文書によると、マウントバッテン提督は、当時進行中だった東京裁判を念頭に、「軍は純粋に政治的な性格の裁判にかかわるべきでない」と主張し、日本の戦争指導者を戦犯裁判にかけることに反対を表明した。 

 
(ノ∀`)アチャは、韓国大統領のお話
ドイツの戦後補償って・・・ちゃんと、理解しているのかなぁ・・・まさか、自分に都合の良いように脳内変換してないですよね?
日本と韓国は、日韓基本条約で、きちんと、謝罪と賠償を済ませてますが・・・
北朝鮮の分も、韓国様はお受け取りになり、それらを元にいわゆる『漢江の奇跡』なるものが出現しているわけですが・・・

戦後60年・・・伊達に時が過ぎているワケではありません。韓国様の出方によっては、日本がケツをまくる状態にもなりかねません。そうしたら、どうなるか・・・想像なさっているのでしょうかね。

何事にも、ほどほどということがあるでしょうにねぇ (´ー`)y━~
普通の国民がちょいと疑問を持ち、ネットや図書館で調べれば、様々なことが分かってしまう、それが今の日本なんですけどね。

盧大統領、ドイツの過去史清算方式に尊敬表明予定

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は12日夕(韓国時間13日未明)、ドイツ連邦下院の主要関係者を招き、晩餐を共にする席で、ドイツの過去史清算方式に対して具体的に言及する方針であると伝えられた。

 盧大統領はこの日、宿所のホテルで20人余のドイツ議員らと面談し、「私はドイツの過去史清算方式を尊敬する」という立場を表明する予定だると伝えられた。

 ドイツ訪問後、一度も日本の過去史清算方式に触れていないが、この日、ドイツの過去史清算方式に“尊敬”を表明することで、日本を迂回に批判するものと見られる。


 
で、韓国様は、ベトナムへは、謝罪と賠償を済ませましたか?
 
 
// 050413 画像追加 //



04/12(Tue)21:57 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)