【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■万景峰号

画像をクリックすると拡大されます(別窓)

拉致被害者家族が、「家族を返して」と願っているのに、
船上ではにやけた顔で薄ら笑いをしていた万景峰号の乗客。
悲しすぎる画面がTVから流れていました。

政府の対応は、対外的な視野もあるのか、及び腰・・・
仕方がない部分もあるのは、わかる。
万景峰号の入港差し止めも、自由港という立場の新潟港では難しいのかもしれん。
経済制裁をして、果たして、世界がどうみるのか?
そう考えているのやもしれない。

万景峰号に関しての、TVに映る在日朝鮮人達の横柄な物言い・・・
そして、北朝鮮の国会議員が参加している朝鮮総連。
今回の総聯のパーティには、小泉さんもメッセージではあるが、
キツーイ一発をおみまいしたらしい。

万景峰号が無くとも、空路は開かれている。
寺越さんのように、空路で行けと言いたい。
船自体に、工作船・軍用船の疑いがあるのに、
唯々諾々と入港させてしまう日本が情けない。


日本には、頭の良い、そしてヌエのような官僚がいるだろう。
彼らの脳みそを総動員させれば・・・と望むのは、無理なのだろうか。
小泉さんが、一言・・・「なんとか、しる!」と彼らに言ってはくれないものか。


とにかく、拉致被害者家族・・・親御さんには、時間が無い。
拉致されて幾星霜・・・
一刻も早い「拉致被害者と家族の奪還」を願わずにはいられない。


新潟も、あの地震の直後に知事が交代し、港の管理者権限で出来るダケのことをしているように見える。新潟在住ではないが、知事には、根性入れて頑張って貰いたい。重箱の隅のように、なんとか理由を見つけて、万景峰号を入港出来ないようにして貰いたい。


日本政府も日本人も、この言葉を忘れないで。

『わしは日本を信じる。お前も日本を信じろ』
 / 拉致被害者家族 故・増元正一氏




 // 追記 //
Yahoo!ニュース - 共同通信 -
 新潟県、万景峰に厳重注意 入港時に大音量の音楽

 北朝鮮の貨客船「万景峰92」が23日の新潟港入港時に流した音楽の音量は、条例に定める岸壁使用許可条件に違反する恐れがあるとして、新潟県は25日までに、代理店(東京)を通じて同船の船舶会社(北朝鮮・平壌)に文書で厳重注意した。
 また県は、今後の対応などについて書面での回答を要求。期限はないが、回答によっては、既に申請のある30日の岸壁使用を知事の判断で許可しない場合もあるという。
 県は昨年12月以降、万景峰に対し、港湾管理条例に基づき「新潟港内では拡声器等から発せられる音量を社会通念上、許容できる範囲内とすること」を条件にして岸壁使用を許可していた。
 万景峰は23日、大きな音量で歌を流しながら入港した。
(共同通信) - 5月25日10時52分更新



05/25(Wed)04:20 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)