【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■中国大使の言い分@靖国神社

画像をクリックすると拡大されます(別窓)

 
「紳士協定」があったそうですね(棒読み)
誰が、誰とお約束なさったんでしょうね。

複数のマス・メディアが、中韓で「靖国神社」についての聞き取り調査もどきをしているようですが・・・はっきりした答えをする人は、ほとんどいないそうな。じゃぁ、どうして、靖国参拝について、こんなに抗議をなさるんでしょう?

「A級」「B級」「C級」と言われる区分けの根拠も、日本国内でも知られていませんものね。マス・メディアも用語は使うけれど、ハッキリした根拠を示さない記事ばかりですもんね。それ以前に「極東国際軍事(東京)裁判」への様々な検証も知らん顔で報道しないマス・メディアが多いですよね。当該裁判の判事の中で唯一の国際法の学者であったインドのパール判事の意見を読むと『勝てば官軍』ってことが、ヒシヒシと感じます。

で、日本のマス・メディアは、戦犯について、国会の全会一致で「名誉回復」されていることも一切スルーですか? 各国の軍関係者や、政府関係者の参拝はスルーですか?

いつから、靖国参拝が、外交カードなるものに仕立て上げたんでしょうねぇ・・・特集してくださいよ、朝ピ-様。


 
// 追記:050428 //


・・・追記があります・・・






04/27(Wed)21:16 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)