【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■迷惑メール

暖めて過ぎて“ヒナ”になりそうなネタですが・・・

迷惑メールの規制強化だそうです。しかし、これは、日本国内での適応ですよねぇ・・・ってことは、発信地ワースト3 【米、韓、中】発の迷惑メールは、対象外ってことで・・・
やっぱり、自己防衛しなくちゃ、駄目ぽ・゚(つд⊂)゚・

しかし!
世の中には、奇特な方がたくさんいらっしゃる。
それも、無料で対応できるソフトを公開してくださっている。
これを、利用しない手は無い!
ということで、窓の杜の中から紹介しておきます。


ちなみに、ワタシは、『Spam Mail Killer』を利用させて貰っています。韓国・中国両国の鯖経由のメールやなりすましメールなんぞも、受け取らず、いや、メールサーバーから削除しちゃてくれますので、日に数十通あった迷惑メールも、週に何通かと激減して、快適なメール生活を送っています。


窓の杜 - 迷惑メール対策
 
eimei's laboratory>副産物の部屋 から、『Spam Mail Killer』

 

迷惑メールの規制強化へ 改正案が衆院委で審議入り (朝日新聞)

 携帯電話やパソコンに迷惑メールを送りつける業者への罰則を強化する特定電子メール送信適正化法(迷惑メール規制法)改正案の審議が21日、衆院総務委員会で始まった。

 改正案は取り締まり対象に、発信元を友人や取引先などに偽装したメールを加えた。迷惑メールを送る業者への罰則も1年以下の懲役に強化する。今国会で成立、今秋にも施行される見通し。

 02年7月に施行された同法は、広告・宣伝のためのメールには「未承諾広告」であることや発信元を正しく表示する義務を設けたほか、業者がランダムに大量のメールを送ることも禁じている。

迷惑メール:発信地のワースト3は米、韓、中 (infostand) - goo ニュース

 セキュリティ対策会社の英ソフォスは7日(現地時間)、迷惑メールの発信地の最新ブラックリストを発表した。それによると、ワースト1位は米国で、世界の迷惑メールの35.7%が同国から送信されている。2位は韓国(24.98%)で、日本は7位(2.10%)。

 1~3月に、おとりのアドレスに届いた迷惑メールの発信地を調べた。昨年2月に実施した調査では、米国が56.74%を占めていたので、ほかの国への分散が進んでいる。一方、韓国は昨年2月時点で4位(5.77%)だったが、急増した。

 もっとも、韓国の場合、ウイルスやハッカーに乗っ取られた「ゾンビ・パソコン」が発信している例が多く、真犯人の所在国は中国、ロシア、米国である疑いが強いという。日本は昨年7月の調査で6位(2.87%)にランクインしたが、その後は増えていない。

 ブラックリストの3位は香港を含む中国(9.71%)、4位から6位はフランス(3.19%)、スペイン(2.74%)、カナダ(2.68%)の順。ただ、世界の迷惑メールの半分以上がゾンビから送り出されているとみられるため、本当の発信源は分からないのが実態だ。



04/27(Wed)01:11 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 電脳 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)