【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■高齢者に死ねと?

借金時計とは?から・・・画像をクリックすると拡大されます(別窓)


記事を読んで、
 「年寄りは、早く逝ってね、国のため」
なんて言ふ川柳が浮かんだんですが・・・

この国は、世界に類を見ない長寿国であり、人口減少国で、更には借金大国なんですよね。一世帯あたり約1500万円の借金があるわけですわよ、奥様。30年で返済しようとしても、元金だけで月に4万ちょっと・・・それに高利貸しも真っ青な利息が ε-(ーдー)ハァ

なぜ、そんなに、国が借金まみれになったのかを、根本的に考えなければ、先の川柳じゃないけれど、経済力の無い高齢者さんに早く死ねって言っているのと同じ。年をとった人に、一体どーしろと?

不正受給の生保の見直しや、税金滞納者からの強制徴収は勿論だけれども、まずは、金食い虫の政府機関や、地方公共団体のお手盛り給与・手当、利権等々が被っているものを、身ぐるみはがし作り替えなくちゃ。

必要な部署には手厚く、仕事せずにいる部署は潰してまえ!
国会出席を党ぐるみでさぼった党への補助金なんぞ、やめてまえ!
エエカッコしぃで、ODAをバラマイテいる場合じゃない!
ニートとかぬかして、親掛かりでいる若者に、労働させぇ~!
仕事を選んでいる場合じゃないぞ、マジで。

年金収入だけの生活になったら、高度医療も受けられなくなるのかなぁ・・・
貧乏人は、首をくくらんといかんような国になるんやろか?
国民総中流なんて、過去の遺物になってもうたんやろなぁ・・・
このままじゃ、この日本は、貧富の差が激しい国になってまうわな。

あ゛~~
老後貯金を真剣に考えなくっちゃいかんわ。


goo ニュース-(朝日新聞)
 高齢者医療制度で日医が新案 給付費の2割を高齢者負担
2005年 6月 7日 (火) 23:34

 日本医師会(植松治雄会長)は7日、医療制度改革の焦点となっている新たな高齢者医療制度について、給付費の2割を高齢者の負担でまかなう新たな案を発表した。残りの8割は公費(税財源)や現役世代で負担する。公費で9割をまかない高齢者負担は1割にとどめるとしていた従来の主張を転換した。

 日医案では、給付費の1割を高齢者自身が支払う保険料、さらに1割を患者自身の窓口負担でまかなうとしている。これまではそれぞれ5%としていた。制度の対象者については、従来通り75歳以上とした。

 方針転換の理由について、松原謙二・日医常任理事は記者会見で「今後の高齢化を考えると、公費だけではまかなえないと判断した」と説明。制度の運営主体については「一定期間の後、都道府県単位とすることは検討してもいいが、当面は国が運営すべきだ」と語った。

 政府案は、公費負担を5割、残りを高齢者の保険料や患者の自己負担、各健康保険組合や国民健康保険から拠出する「社会連帯保険料」(仮称)でまかなうとしており、今後調整が本格化する。

 一方、医療制度改革の柱の一つである診療報酬改定について植松会長は「一番求められている医療の安全を実現するには人手が足りない。手厚くするにはコストがかかる。当然、プラス改定であるべきだ」と述べ、引き上げを求めていく姿勢を強調。医療費抑制のため国内総生産(GDP)の伸びと連動した管理指標を設けるべきだとする政府・与党内の意見については「必要な医療は提供しないといけない。機械的な抑制は成り立たない」として、反対する姿勢を示した。





06/08(Wed)17:38 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)