【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■外交姿勢

日中で懸念されていた・・・というか、中国様がどういう対応に出るかと、注目されていた5月4日が、無事に過ぎました。これはこれで、まぁ、良かったとしよう(棒読み

しかし・・・中国様も、ここのところの反日運動に対して、後手後手に回り、各国の対中対策に影響が出たのは、否めないようです。あれだけの国土と人口があり、貧富の差が激しいと、一国として「上意下達形式」での施政は難しいと思いますよ。それこそ、亜米利加でさえ、州単位での施政の上に、国政があるわけで・・・世界中の情報がどこからともなく流れてくる現代において、中国様みたいに、様々な自由が制限されていたら、どこかで、爆発したくなるのは、人間の性。そのはけ口として、愛国教育~反日を置いていたんでしょうが、中国様が思っているよりずっと、日本の戦後60年の努力が欧米に影響を与えていたってことでしょうか?

そして、日本も目覚めつつあるんでしょう。今までの・・・問答無用とか、とりあえずとかでする土下座は(・A・)イクナイ! という世論が出始め、対中問題について、是々非々で論じようとすることへの圧力も弱くなって来ています。倍々ゲームのように増えている第2次世界大戦までの日本の悪行だって、ソース付きで論破されるようになってきていますしね。

毎日毎日、TVからあの暴動騒ぎが流れてきては、何事も穏便に収めようという感覚を持つ日本人だって、「そこまでするかぁ?」って思わざるを得ないと思いますよ。熱しやすく冷めやすい国民性と言われますが、心の奥底に持っているものは、結構、執念深いんですよねぇ フッ( -ω-)y─━ =3

中国の陰に隠れて、週替わりで発言を変える、某半島両国にだって、日本人の見る目は、厳しくなってきえいるようですしね。うちに来る様々な営業さん達でさえ、政治話題が増え、極東3馬鹿国家へ思ふところを、はっきり口に出していくようになりましたもの。私が社会人になった頃の営業の心得は、「政治・宗教・野球の話はしない」だったもんですがね、隔世の感があります。



で、座礁した船は、どうなるんでしょう?


参考サイト:
中川秀直私的公式サイト~GeNi.tv~げに!ひでじゃけぇテレビ>時事放談>◇八皿目「中国という国」◇

 

YOMIURI ON-LINE / 社会
尖閣・魚釣島に貨物船が座礁、6日朝に自力離礁トライ


 5日午前0時過ぎ、沖縄県の尖閣諸島・魚釣島の南西端に、キプロス船籍の貨物船「ティアクリソーラ」(3万1643トン)が座礁した。ギリシャ人船長ら31人の乗組員にけがはなく、浸水や油漏れなども起きていない。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、貨物船は鋼材4万3000トンを積み、ジャカルタから韓国へ向けて航行していた。同日早朝と夕方の満潮に合わせて自力での離礁を試みたが、できなかった。6日朝の満潮を待って、改めて離礁を図る。


YOMIURI ON-LINE / 社説・コラム
5月5日付・読売社説(1) [『反日』デモ阻止]「立証された中国当局の“能力”」

----- リンク切れ対策用全文は、こちらをクリック -----
 
Sankei Web 産経朝刊 正論(04/25 05:00)
責任は愛国教育と土下座外交にあり /  終りにしたい日中双方の悪循環

----- リンク切れ対策用全文は、こちらをクリック -----



05/06(Fri)01:32 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)