【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


『この国の国民で良かった』

イラクで殺害された香田さんのご両親の言葉です。
マスコミでは報道されませんでした。
私も、某掲示板の書き込みで、初めて知りました。

自分の息子の非を認め、国と国民に感謝しています。
そして、タイトルの言葉をおっしゃったそうです。

是非、リンク先から、馳議員執筆の全文をご一読ください。
そして、皆さんの周りの方にもお知らせしてください。





謹んで香田証生さんのご冥福をお祈りします。




馳 浩の永田町通信 2005年1月号
  http://www.apa.co.jp/appletown/nagata/nt0501.html

・・・以下引用・・・
「皆さんに報告します。このたび、外務副大臣としてイラク人質事件解決のために、ヨルダンに派遣されました。どうしてもその事について、マスコミにはなかなか報道してもらえない、取り上げてもらえない事実をお伝え致します」

「ところが、ここからが硬着状態に入りまして、なかなか情報が取れませんでした。というのも、誘拐犯人が、反イラク政府グループに香田さんを売り渡してしまったのです。なんとか誘拐犯に接触して、香田さんを買い戻すように交渉しましたが、反イラク政府グループはまったく交渉には応じず、最悪の結果を迎えることになったのです。外務省としても出来る限りのあらゆるルートを使って努力をしましたが、本当に残念です。その後、私たちはご遺体を収容し、香田さんのご遺族に届けました。私も同行し、親御さんに対してごあいさつをして参りました。その時、対応していただいたご両親のお言葉を、ぜひ皆さんに伝えたいのです。マスコミには何度も報告しているのに、取りあげてくれません。皆さんの口から、有権者に向けて発信してほしいのです」

「ご両親はこうおっしゃいました。ふつつかな息子が、勧告を無視してイラクに入国したがために、日本政府に大変ご迷惑をおかけし、多くの国民にご心配をおかけしたことにおわび申し上げます。私の息子のために、本当に寝食を問わずに対応していただいた全ての方に感謝申し上げます。私の息子は本当にこの国の国民で良かったと思っています。日本の国に生まれたことを誇りに思います……。私は副大臣として、ていねいに対応したつもりですが、こうしてご両親が感謝の意を表して下さり、日本の国民に生まれて良かったと面と向かって伝えていただき、本当に心を動かされました。マスコミは自衛隊派遣の是非や、撤退の賛否などについてばかり論評を費やしておりますが、香田さんのご両親の肉声を大きく取りあげてはおりません。どうぞ、真実の声を、無念の想いを皆さんもご理解下さい」




01/27(Thu)03:18 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)