【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


南極観測船「しらせ」出港

緊縮財政のしわ寄せで、地味なプロジェクトに予算が回ってこない、今の日本。
派手さはないけれど、それを長期に渡って維持していくことで、沢山の分野で技術が進化することがある。

日本は資源が乏しい。
世界有数の技術力・開発力をもって、今現在の日本がある。
コンピュータでは把握出来ない「人間の感覚」が必要な技術分野もある。
この引き継ぎは、図面やマニュアルでは無理。人から人への技術の伝承となれば、一朝一夕には出来ない。
空白期間があるということは、廃れてしまう技術もあるやもしれない。
そういう意味からも、早急に継承船建造を開始してほしい。


「しらせ」が出港 12月上旬、南極圏に
 http://www.sankei.co.jp/news/041114/sha039.htm
 第46次南極地域観測のため、南極観測船「しらせ」が14日、東京・晴海埠頭(ふとう)を出発した。今回の観測隊は来春まで南極で活動する「夏隊」が25人、再来年の春まで残る「越冬隊」が37人の計62人。

 大半は28日に成田から空路でオーストラリアに出発。フリマントル港でしらせに乗船し、海上生物や宇宙線などの船上観測をしながら12月上旬、南極圏に入る。

 しらせは2007年度で耐用年数が切れるが、後継船にバトンタッチするのは10年度の予定。08-09年度は観測船が運航できない可能性も出ており、文部科学省は後継船建造の前倒しを目指している。

(11/14 13:01)

<南極への同行取材日記>
asahi.com : 南極プロジェクト
 http://www.asahi.com/nankyoku/
----- ----- ----- ----- -----
関連エントリー:【横濱茶店】四方山話から
 [03/11/7]南極観測船「しらせ」後継めど立たず
http://page.freett.com/tyamise/field/yomoyama/yomoyama-0307-0312.html#031107





11/15(Mon)15:59 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)