【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


地下鉄サリン10年

 日本は日本人に優しくないんだよねぇ。
未曾有のテロ事件・・・その被害者の皆さんへの支援は、NPOや医師達が主体となっているだけで、国家的支援は無し。追跡調査もなければ、被害者救援の活動も無し。金銭的補償なんて、とんでもない。
これは、あんまりではないだろうか?

北朝鮮による拉致事件の被害者の皆さんへの補償だって、似たようなもの。

数兆円を朝銀に投入し、そのお金がうやむやになっていることを思えば、被害者支援にいくらかでも回せないものだろうかと・・・一部の人たちによる生活保護の不正受給なども、びしばし取り締まって、犯罪被害者へのアフターケアの充実を願わずには居られない。

こういうのって、票にならないから、議員さん達も見て見ぬふり。声の大きい団体ばかりが良い目を見るんだよねぇ。人権擁護法案とかなんとかのたまう前に、もっと困っている、弱っている人たちを救う法案を考えろ■━⊂( 。・_・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ


松本サリン事件 - Wikipedia
松本サリン事件(まつもとサリンじけん)は、1994年6月27日に発生した世界初の化学兵器テロ事件。
----------
インフォシークニュース >
地下鉄サリン被害者、事件現場巡る…心の傷癒す狙い

インフォシークニュース >
地下鉄サリン事件から10年、被害者支援求めアピール

Yahoo!ニュース -
「被害者見捨てない社会を」=国の補償求めアピール-地下鉄サリン10年でシンポ

goo ニュース
被害者支援、「米と雲泥」 地下鉄サリン10年 (朝日新聞) -

 死者12人、5000人を超える負傷者を出した地下鉄サリン事件から20日でちょうど10年。社会はどう変わり、国は何をしてきたのか――。事件の被害者たちは19日、10年の「苦悩」と国のあり方を語り、あの無差別テロ事件を忘れないよう、訴えた。

 19日、東京・内幸町で開かれたサリン被害者対策を考える集い。千代田線霞ケ関駅助役だった夫の一正さん(当時50)を亡くした高橋シズヱさん(58)が報告した。

 「量の多さ、きめの細かさ、迅速さ。すべての点で、米国の被害者支援と日本を比べると雲泥の差でした」

 昨夏に「9・11テロ」被害者への支援策を知るためにニューヨークを訪問した経験を踏まえ、そう語り、補償や継続的なケアなどの面で日本の被害者がこの10年、いかに放置されてきたかを訴えた。

 集いには、9・11テロの被害者ら3人が米国から参加した。

 息子の消防士ジョナサン(当時29)を亡くしたリー・イェルピさん(60)は、事件の11日後に「被害者補償基金」が設立されたと紹介。「遺族世帯に平均1億9000万円、負傷者も含め総額6000億円近くが配分される見通し」と話した。心身への影響も、ニューヨーク市衛生局が中心となって影響調査を始めて約7万人が登録。20年後まで継続調査をし、結果も公開していくという。

 日本では、サリン被害に対する補償制度はなく、国による継続的な被害調査も行われていない。高橋さんは「私たちサリン被害者も米国のような支援を受けられたら、こんなにつらい思いをしなくてすんだかもしれない」と語った。

 集いでは、サリン被害の治療にあたってきた医師、海外の被害者支援制度を調査した弁護士、学者らによるパネルディスカッションもあり、「犯罪被害者に補償することは公益にかなう」「社会が事件を忘れることが被害者をさらに傷つけることになる」などの意見が出され、被害者支援の必要性が強調された。

 最後に、教団に対する破産手続きで債権回収が進んでいない問題をめぐり、国が教団に代わって補償する特別法を作ることを求めるアピールを採択した。



03/20(Sun)01:17 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)