【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


謝罪を要求する!

末期がんの患者さんを愚弄する発言をしている国会議員。
余命宣告されているがん患者さんやそのご家族が目にしたら、どれほど傷つくか・・・
余命宣告されていても、残していく家族の為に、精一杯時を過ごしている人たちも沢山いるのに・・・

国会議員が、こういう比喩を平然として、それを追求しないジャーナリスト・・・
そして、ヘンナ言葉狩りばかりをしている市民団体、それに唯々諾々と追従しているマスコミ。


末期がんの患者さんと、その家族に謝れ!


YOMIURI ON-LINE / 総裁任期残り1年半の首相は「末期がん患者」…亀井氏
 自民党の亀井静香・元政調会長は3日の亀井派総会で、小泉首相への対応について「長くて(残りの総裁任期が)1年半の末期がんの患者に好き勝手にやられて、ひるんでいる姿を見せた場合、1年半後にどんな厚化粧をしたところで、国民は見向きもしてくれない」と述べ、党として首相にきちんと意見を言うべきだとの考えを示した。

 小泉改革に関しては、「確実に自民党の支持者、核心部分を我々自身がぶっ壊している」と強調した。




40―64歳の末期がん患者、介護保険給付対象に
 政府・与党は15日、40歳から64歳までの末期がん患者を、介護保険制度の給付対象に加える方針を決めた。

 現行では、40歳から介護保険料を負担しているが、訪問介護などの介護サービスが使えず、在宅の患者から介護保険の利用を望む声が出ていた。2006年度からの実施を目指す。

 同日の「尊厳死とホスピスを推進する与党議員懇話会」の初会合で、自民・公明両党が合意した。

 介護保険では、末期がん患者も含め、原則65歳以上が給付対象となる。例外として、40―64歳は、初老期の認知症=痴呆(ちほう)=など、老化に伴う15種類の「特定疾病」に限り、サービスを利用できる。

 こうした不公平を解消するため、社会保障審議会介護保険部会は昨年12月、40歳以上の末期がん患者について、「介護保険でサービスを受けられるようにすべきだ」との意見があることを強調、早期の対応を求める意見書をまとめた。

 この日の会合では、特定疾病に末期がんを追加することを合意。今後、政令を見直すため、厚生労働省と協議を進める。ただし、「老化に伴う」ことがサービス給付の要件なので、乳がんなどは除外する方針だ。

 厚労省の推計によると、在宅で死亡する65歳未満の末期がん患者は、年間約2000人。訪問介護や訪問入浴などが保険で利用できるようになれば、病院から在宅に切り替える患者の増加が見込まれる。




03/05(Sat)15:32 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)