【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■日本丸船長は誰に?

とりあえず、自民党総裁=総理大臣の図式ですから、
3候補の中から、船長が選ばれるわけです。

で、船長は日本をどういう航海に連れて行ってくれるのか?
乗船者は、どういう航海を望むのか・・・

政策にあげられるものに、「教育改革」があります。
戦後教育~ゆとり教育の歪みは、
取り返しのつかないものになりつつあるようです。

9日放送の「ブロードキャスター」だったかで、
街角の若者の「読書力」についてやってましたが・・・
TV画面に出てきた若者は、独自のケータイ文字は操れても、
英語の字幕も読めず、「走れメロス」も読めず・・・
教科書では、骨折を“こっ折”、筋肉を“きん肉”って・・・
斉藤孝さんも、国語力の低下を憂い、
コメンテーター達も口を揃えて・・・
・・・これは、ごく一部の若者の現象と思いたいですよ。
・・・そして、彼らが親になる→馬鹿親の大量出現?
・・・彼らの親世代は、何を考えて子育てしてきたんでしょう?


しかし、実際に本の売れ行きは年々低下しているそうですしねぇ。
お隣の国では、漢字を捨て、ハングルを普及させたせいで、
古文書や歴史書を読める人が壊滅状態とか。
国家運営にも支障が出始め、あわてて、漢字教育を復活?
日本も、近い未来には、
ひらがなやカタカナだけになってしまうのでしょうかねぇ。

格差社会と言いますが、日本語力のある人とそうでない人で、
やっぱり、差がつくのは当然。
自らが格差社会を招いていると言っても、
過言でない時代が来るかもしれない。
そんな日本にならぬよう、日本丸の船長・乗組員は頑張って欲しい。

ゆとり教育とか、英語教育とか主張している文科省の役人は、
この事態をどう考え、どう対応して来たんでしょうかね。
まさか、所謂“愚民化教育”を目指していたんでしょうか?




*** *** コメント&追記・記事詳細はこちらへ *** ***
 【音静庵】 鏡の間: ■日本丸船長は誰に?



09/10(Sun)03:38 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)