【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■タイ王国の政権交代劇

クーデターとのことですが、
タイ王国は、国の要にどっしり王様がいらっしゃいますからね。
他の国のクーデターとは、一線を画するとのこと。
欧米の民主主義思想とは、違うと言うことでしょう。

で、クーデターは粛々と進行中。
基礎知識として、参考Blogさんからぬっち。
ちなみにタイのクーデターというのは勝手に起こせるものではない。事前に国王のところに聞きに行く。「まだ早い」と言われたら止めなきゃならない。今回は国王の許しが出たので、外遊の留守を狙ってクーデターを起こしたと思われる。さっそくTVでは「国王の承認のもとに」暫定政権を樹立したと語っているようだ。あくまでも、タイでは「国王の意志に反した」クーデターは起こせないのだよ。

http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1158687916/926
分かりやすい進行表拾ってきた。 色んな意味で凄い国だな。

タイ式クーデター式次第
 1)開会
 2)決起部隊による首都制圧
 3)国王陛下に対する忠誠の誓い  ←今ここ
 4)決起部隊指揮権の奉還
 5)国王陛下のお言葉
 6)総選挙の布告
 7)閉会





Yahoo!ニュース - 読売新聞
 クーデター主導者、タイ国王が評議会議長に指名

 【バンコク=太田誠】タイのクーデターで実権を掌握した「民主改革評議会」は20日夜、テレビを通して声明を発表し、クーデターを主導したソンティ陸軍司令官がプミポン国王(78)から評議会議長に任命されたと発表した。

 声明が事実であれば、クーデターは国王の承認を受けたことになり、名実ともに成功、今後の政治改革を推進する“大義”を得たことになる。

 同司令官はこれに先立ち20日昼、外交団や記者団などと会見し、「2週間以内に暫定首相を選ぶ」と表明した。

 クーデター後、国王の意向が間接的とはいえ示されたのは初めて。声明の中で国王は「すべての国民は平穏を保ち、政府職員はソンティ将軍の命令に耳を傾けるべきである」と述べた。
(読売新聞) - 9月21日0時1分更新

*** コメント&追記・記事詳細はこちらへ ***
 【音静庵】 鏡の間: ■タイ王国の政権交代劇



09/21(Thu)00:08 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)