【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■表裏一体の差別と優遇

京都市長・・・
 切れた?
 怒髪天を衝く?
 怒り心頭に発する?
 堪忍袋の緒が切れた?

禁句だった優先雇用を、認めちゃいましたね。
そして、今後、再発防止の為にと、
雇用やらなんやらの抜本的改革を宣言しちゃいました。

まぁ、これだけの不祥事が続けば、関連団体も抗議できないですよね。
だって、不祥事と言いますか、警察沙汰を起こしたのが、
差別救済の為の優遇措置で採用されたメンバーだらけですもん。
対策とすれば、雇用条件(試験)の見直しってことになるだろうしねぇ。
通常採用者からの警察沙汰数との比較で、明らかに、
そこに原因が・・・となりますもんねぇ。

じつは、私・・・と言いますか、東北出身の我が家族は、
随分長い間、「同和」「部落」と言うものを知らずに、生活してきました。
関東以北では、こういう家庭がほとんどではないでしょうか?
未だに、老母はこれが理解出来ていません。
老父は、所謂大手企業に採用された時に、
少しのレクチャーを受けたそうですが・・・
関西出身の旦那は、身にしみているようですけど・・・
私も老親も「だから、何?」って感覚・・・だった(と過去形)。

関西に6年住み、ネットを始めて幾年月・・・
政治に関心を持ってみると、差別の裏に優遇があり、
それを巧みに利用した「利権」も存在するって知った時には、
 ε-(ーдー)ハァ

消極的技法なれど、差別というものは、
大声で「差別止めろ」と主張するのではなく、
存在自体をフェードアウトさせるのが、一番の近道だと思ふ。
我が家のように、差別の存在自体を知らないなら、
積極的に差別をすることもない。
「だから何?」で終わってしまう。
大声で、権利を主張し、なおかつ、それに甘えるからこそ、
差別が消えてなくならんのでは?と、
カラコロと音のする脳みそで考える今日この頃・・・




*** コメント&追記・記事詳細はこちらへ ***
 【音静庵】 鏡の間: ■表裏一体の差別と優遇



07/29(Sat)03:27 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)