【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■手始めのA級戦犯

中国が声高に言いつのる「靖国~歴史問題」は、
先日出版された『江沢民文選』により、
  「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示
と、明らかになりました。

ついで、韓国も、15日の総理参拝への公式・非公式コメントにより、
A級分祀論も手始めであって、最終的には、靖国の存在までをも、
いや、それ以上になんでもかんでも、
日韓の歴史問題の遡上にあげるであろうことが、はっきりしてきました。
つまり、「反日のための口実である」と言うわけですね。

「靖国問題」が、「特定アジア(中・朝・韓)」にとって、
どのような存在でるかが、はっきりしたことにより、
媚中&親韓派の主張している「A級戦犯分祀」での決着は、
無理とお墨付きが出た!

次代以降の総理大臣は、「特定アジア(中・朝・韓)」の主張する
「靖国問題」は、対峙しても、スルーしても同じ・・・
いや、対峙すればするほどに、泥沼に引きずり込まれると、
はっきり・くっきり整理されたということで、
今後は、「2006年8月15日小泉靖国参拝」がソースとして、
「特定アジア(中・朝・韓)」との関係を構築していかなければならない・・・
で、OKかな?


なお、「特定アジア(中・朝・韓)」以外の国々の反応は、
あんた何様?日記さんとこに、
詳しくエントリーされていますので、丸投げに・・・ <(_ _)>




関連エントリー:
[06/08/11] 【音静庵】 鏡の間: ■歴史問題よ 永遠に・・・でしたか

*** *** コメント&追記・記事詳細はこちらへ *** ***
 【音静庵】 鏡の間: ■手始めのA級戦犯



08/17(Thu)14:12 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)