【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■消える?「不良国家公務員」

読売さんの見出しを流用してみました。

古の昔から、お役人の中には、どうしようもないのがいたりして、
その時々の施政者にとっては、頭痛の種。

ここでは、国家公務員に関しての人事院指針のようですが、
「不良」は、国家公務員にとどまらず、各自治体や関連機関に、
多くはびこっています。

「仕事をしない・出来ない」ことは、明らかに確認出来ますが、
「時間を無駄に使う」ことは、傍目には見えなかったりします。
労組活動に費やす時間で、どれだけの仕事が出来るか・・・
その時間の給与が払われていることは、納税者として、どれだけ腹立たしいか。

多くの真面目な公務員の方々も、
一握りの「不良公務員」の言動によって、
どれだけ肩身の狭い思いをしているのか。

「悪(あ)しき慣行」は、すぐに但し、
真面目な公務員が晴れ晴れとした姿で、仕事に邁進できる環境を作るのも、
各首長・各議会の優先課題になってきている。
労組の支援を受けた政党・議員といえども、
例え労組にとって耳に痛いことでも、勢力をそがれることでも、
毅然と「不良公務員」を処罰できるよう議会に諮るべきでありましょう。

「公務員になることを選んだ」と言うことを、
公務員の皆さんは、日々忘れることなく、
国のため・国民の為・地域住民の為に、しっかり、お仕事をしてください。

あなた方の仕事の対価が、日本全土からの税金によって、
捻出されていると言ふことは、そういうことだと思います。



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/31(Tue)14:45 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)