【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■吸入式インスリン

先日は、「痛くない注射針」の話題がありましたが、
今度は、もう一歩進んで、注射ではなく「吸入式」ですと。

糖尿病にならないのが一番。
毎日1万歩あるけば良いと申しますが・・・
 “言うは易く行うは難し”
それが出来れば、糖尿病で苦しむ人は減るんだけどね。

そういえば、昔は、「江戸患い」・・・そう「脚気」で悩む人が多かったとか。
糠を混ぜるとか、麦飯にするとかの対応策が出て、
近世では、ビタミンB群の摂取で回復すると言ふことで、
珍しい病気になっているようですから、
糖尿病も、きっと、近いうちに特効薬が出てくるかもしれませんね。

でも、それまでは、せっせと、歩け!ってことで、予防しましょう。


関連エントリー:
[06/1/19] ■痛くない注射針

・・・続きに、記事本文があります・・・



01/29(Sun)12:26 | Trackback(0) | Comment(4) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: 吸入式インシュリン

吸入式インシュリン使用の主な対象の、Ⅰ型糖尿病の発病は、運動とは関係ありません。生活習慣病でもありません。生活習慣病に入っているのは、Ⅱ型糖尿病です。子供がかかる糖尿病は、ほとんどが、インシュリンが絶対に必要なⅠ型糖尿病です。これは、インスリンを出す膵臓の細胞が破壊されたためです。理由は、生活習慣の運動不足からではありません。影響のあるブログでは、記事に気をつけてください。

 by 龍 | 01/29(Sun)16:20

 2: 吸入式インシュリン

前のコメント一部訂正します。最後の行は、削除訂正します。
Ⅱ型糖尿病は、運動などで予防を進めるのは、まったく問題はありませんし、推奨されます。しかも、経口薬が、病初期には先ず処方されます。インシュリン注射も病気の程度で処方される事もあります。
Ⅰ型糖尿病は、予防できません。且つ、治療には必ずインシュリン注射が必要な事です。
今回の、新製品のインシュリンは、対象が、Ⅰ型糖尿病患者に対しての福音が強いと思います。


 by 龍 | 01/29(Sun)17:47

 4: 言うは易く行うは難し

昔から思うのは、糖尿病の重症になるような人は我が強い感じの人が多いと
我が強く他人の言うことをほとんど聞かない
すると食事でも我侭、で結果が糖尿病
性格までは治せませんよ(って言ってもDM自体が本当に治る訳でもないですが、実際には付合っていくと言うほうが正しいようだ)


 by じおんぐ | HP | 01/29(Sun)22:51

 5: 1型と2型は似て異なるわけで・・・

>>龍さん
>>じおんぐさん

コメント、ありがとうございます。

糖尿病と言ふ病気には、2つのタイプがあり、
一つは、生活習慣病と言われるもの。(2型)
一つは、臓器の機能が原因となっているもの。(1型)
でしたっけ。

我が家には、随分進行してしまった2型を患っている家族がいます。重度の身体障害も持っています。
その為、主治医もインスリン投与に、今一歩踏み切れないとぼやいていたりします。食事前の血糖値確認+インスリン投与が、本人だけでは出来ないからです。
また、糖尿病を患う親を持つ子供の罹患率は、そうでない子供よりも高いと言われます。となれば、私も、他の同年代よりも、糖尿病になる確立は高いわけで、生活習慣には、気をつけているつもりですが、少しの不安もあります。

本当に、特効薬の開発が望まれます。
そして、多くの糖尿病の子供達とその親の負担も少なくなるようにと、願わずにはいられません。


 by じゅりあ | 01/30(Mon)01:28


(1/1page)