【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■要注意~「架空請求はがき」

くれぐれも、ご注意下さい。

経験から推測するに、個人情報保護法施行以来、
官公庁からの連絡は、
 封書
 目隠しシールタイプ 又は、剥離タイプの葉書
が用いられているようです。

もしも・・・の為に、法務省の連絡先を調べてみました。
不安な葉書が届いた場合には、法務省に問い合わせ、
次に、地元警察署に届けておくのも、良い方策だと思います。

*** 参考 ***
総務省(連絡先)
総務省(担当課が不明の場合は代表へ)
総務省(代)03-5253-5111

Yahoo!ニュース - 読売新聞
 所管団体装った架空請求はがき、法務省が注意呼びかけ

 「民事訴訟管理局」「民事訴訟通達センター」など、法務省所管の団体を装って、ウソの法律や制度を書き、連絡を求めるはがきが出回っており、同省では「悪質な架空請求。決して連絡を取らないで」と呼びかけている。

 同省によると、架空請求のはがきには「民事訴訟最終告知」「法務省認定通達書」などと書かれており、「このまま連絡が無い場合、給与や資産の差し押さえを強制的に履行する」などと不安をあおるような文句が並べられている。また、架空の「管理番号」や「裁判取り下げ期日」などが記載されており、「裁判取り下げのご相談は当局で承っている」などと受け取った人に、指定された電話番号に連絡を取るよう求めている。

 同省では「発送元が法務省とある場合は、まず法務省に確認してほしい」としている。
(読売新聞) - 12月27日22時11分更新



12/27(Tue)22:47 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)