【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■杉浦法相

「死刑署名拒否」
こまりましたね。
内心の自由はわかりますが、これをはっきりと言ってしまうことは、
法治国家の法務大臣としては、マズイんではないんですかい?

慌てて、訂正コメントを出しましたが、
口から出た言葉を消すことは出来ませんぜ。

拉致問題に関心のある人には、
この人はある意味「要チェック」な人物なわけで・・・
曽我さんと、J氏&お二人のお嬢さんとの再会場所の選定時に、
色々とやりとりがあって、家族会や家族会を応援する人達には、
あまり、信頼をもたれていなかったのですよね。

だから、こういう言動をしても「やっぱりねぇ・・・」となるわけで、
法務大臣になると言うことは、それなりの覚悟で居て欲しいし、
職務を全うできないと思ふならば、辞退すべきだったのでは?
日本では、合法的に他人の命を終わらせる命令を出すのは、
裁判官と、法務大臣なんですから。

死刑廃止ならば、それに取って代わり、被害者家族の同意を得られる為の、
それなりの方策を考えることが、法曹界の命題ではないでしょうか?
それも無くして、死刑廃止推進とは、どう考えても納得できませんわ。


「人権法案」
こっちは、確変ですか?
鳥取の条例がもたらしている反響を見ているのでしょうか?
まぁ、ストップするだけでなく、根本的に見直して欲しいと思いまする。


「共謀罪」
あまり良く理解していないもんで・・・
でも、国際的な流れとして、制定が必要な法のようですから、
しっかりと、現状と予想を検証しての法制化にして欲しいですな。




・・・続きに、記事本文があります・・・



11/04(Fri)08:32 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)