【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■敬語@接客用語

画像をクリックすると拡大されます(別窓)

(玄倉川の岸辺の)kurokuragawaサンのエントリーに、思わず(・∀・)ノシ
勝手に、テーマをお借りして見ます。


学生時代から、接客のバイトは、いくつも経験していますが、
当時の職場では、「簡潔で丁寧、相手に厭な思いをさせない。」が、
職場での基本だったと記憶しています。
その後、業界は変われども、その敬語の用法が、
違和感なくきちんと通じた「敬語」でした。
あれから、幾星霜、何時の間に、接客専門用語なんて出来たんでしょう。


私も気になる「○○で、よろしかったでしょうか?」
こういわれる度に、心の中でつぶやく。
 『私、初対面のあなた様には、何も希望を申し上げておりませぬ
  勝手に、決めつけないでください』

明らかに、目下の方・他社の方からの、
「ご苦労様でした」
これにも、『あたしゃ、あんたの召使い・部下じゃねぇ~』

上司や、お稽古事のお師匠さんや姉弟子サン達からの
「ご苦労様でしたね」
には、素直に
「いえ、あれで良かったでしょうか」と返せるんですけどね。

あの某2chでさえ、慰労には、
「乙!」「乙華麗様」「乙彼様でし。」
と、レスが返っているわけで・・・


kurokuragawaサンも書いてますが、「~させていただく」
これも、宗教から出ている言葉と記憶しています。
 ・・・故・薬師寺管長 高田後好胤先生の御説法会などで
   良く用いられていました

それを、日常、安売りするのは、如何なものかと。
丁寧と言ふより、慇懃無礼と感じている私は、心の中で、こうつぶやく。
 『厭なら、していただかなくて、結構です』

政治家サン達も、「させていただく」のオンパレード。
鬱陶しいです。
 『誰も、そんな事、頼んでないぞ (#゚Д゚)ゴルァ!!』
 『政治信念に沿って、やればヨロシ。媚びる必要無し!』

言葉は時と共に変わると言いますが、勝手に改造してしまうのは、
変わるとは違うのではないでしょうか?

今の日本は、豊かになった反面、
日常とハレの区別が無くなってしまったのでしょう。
「お出掛け用」「一張羅」なんて、言葉もとんと聞きません。
「晴れ着」は、和服用語で、なんとか使われているようですが。

少し羨ましく思うのは、キリスト教の国。
日曜、ミサや日曜学校に行く時には、日常の装いから、ハレの装いに着替え、
心もそれなりに準備し、近隣の人たちと、三々五々教会まで。

TVやラジオの大人達も、子供や若者に、媚びすぎているのか、
気になる用い方を注意しないし、反対に一緒になって使う始末。

「あらま、こんなお嬢さんが、こんな言葉を平気で・・・」
と思うようになったら、加齢の症状が出て来てしるのでしょうかねぇ。

*** 勝手にTB ***
玄倉川の岸辺
 敬語のほう、これでよろしかったでしょうか
*** 参考記事 ***
NIKKEI プラス1
 気になる言葉づかい


・・・続きに、参考記事の本文があります・・・



10/02(Sun)05:24 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)