【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■落雷で死亡

夜のニュースを見ていた旦那が、
 落雷で死んだ人がいるみたい。そんなに酷かった?
と。

ここ横濱南部@山岳地帯でも、思わずPC関連機器の全ての電源を落とした位でした。ニュースでの天気予報・・・雨の確率は20%だったのに・・・

お隣の坊や@幼稚園も、庭で夏野菜の手入れをしていたうちの婆様に、「雷が鳴っているよ。おばーちゃんも早くお家にお入らないと、雷が落ちてくるよ」と向側の窓から、叫んでくれてました。

雷が鳴り出したら、木の下にいるのは駄目なんだそうです。とにかく、屋根のあるところに逃げるか、広めの場所で、小さくなっているか、車に逃げ込むか・・・

光と音の感覚を数えて距離を出すなんて言うことを昔、物理の授業でやった覚えがあるけど・・・光の速度から計算するとかしないとか。でも、やっぱり、どうやっても、自然の摂理には太刀打ち出来ないのですよね。雷が鳴り始めたら、兎に角、どこかに逃げ混むしかないのでしょう。


記事を見ると亡くなられたのは、我が県・前知事のご家族だったのですね。
なんと申しましょうか・・・

黙祷   つ菊


Yahoo!ニュース - 読売新聞
落雷か、前神奈川県知事の妻と長女が死亡
 7日午後7時5分ごろ、神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷4の桜小路公園で、女性2人が倒れているのを、散歩中の女性が見つけた。2人は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 藤沢署の調べによると、同市鵠沼花沢町、岡崎昌子さん(64)と、会社員晴子さん(39)の親子で、松の大木の根元に折り重なるように倒れていた。2人は、前神奈川県知事、岡崎洋さん(73)の妻と長女。松には落雷の跡があり、同署は雷に打たれて死亡したとみている。

 同署などによると、2人はいつも夕方1時間ほど犬の散歩をしており、この日は帰りが遅いため、午後9時前から洋さんが付近を捜していた。

 松の幹回りは約1・8メートルで、幹の上部から根元にかけて、裂け目が残っていたという。

 同県内では当時、大雨、雷、洪水注意報が出ていた。
(読売新聞) - 7月8日1時34分更新


Yahoo!ニュース - 時事通信
前知事の妻と長女死亡=落雷か、公園の松の下-神奈川
 7日午後7時20分ごろ、神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷の桜小路公園で、女性2人が倒れていると119番があり、2人は病院で死亡が確認された。市内は夕方から激しい雷雨に見舞われ、藤沢署は落雷による感電死の可能性があるとみている。
 調べによると、死亡したのは同市鵠沼花沢町に住む岡崎洋前神奈川県知事の妻昌子さん(64)と長女の会社員晴子さん(39)。
 昌子さんらは公園内の高さ15メートルの松の根元に倒れていた。
 ずぶぬれの状態で、外傷や着衣などの破損はなかったが、松には落雷とみられる跡があった。消防によると、近くの住民も落雷とみられる大きな音を聞いたと話しているという。 
(時事通信) - 7月8日1時2分更新


Yahoo!ニュース - 共同通信
神奈川前知事の妻子死亡 落雷か、松にえぐれた跡
 7日午後7時20分ごろ、神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷(くげぬまふじがや)4丁目の公園で女性2人が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。2人は、近くに住む岡崎洋前神奈川県知事(73)の妻昌子さん(64)と長女晴子さん(39)。付近の松の木にえぐれた跡があり、藤沢署は落雷に遭ったとみて死因を調べる。
 調べでは、2人に目立った外傷はなく、地上から3メートル付近の樹皮がはがれ、えぐれた松の木(高さ約20メートル)の根元に倒れていた。2人は犬の散歩中だったとみられ、近くにスコップと袋が落ちていた。
 岡崎前知事が同日午後9時半ごろ、近くの交番に「散歩に出た妻と娘が戻らない」と届け、2人の身元が判明した。前知事は2003年4月まで2期8年務めた。
 横浜地方気象台によると、当時、神奈川県全域に雷注意報が出され、公園付近の民家数戸が一時停電した。
(共同通信) - 7月8日0時41分更新



07/08(Fri)04:28 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)